201994日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs千葉ロッテマリーンズ戦で8回裏1点リードの場面で守備の乱れから同点に追い付かれた北海道日本ハムファイターズについて元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



シーン

8回裏1アウトランナーなし
平凡なサードゴロを横尾がファンブルし出塁を許す。

8回裏1アウト1-3塁
ショートゴロ併殺コースという当たりでしたが、ショート平沼がセカンドにトスしたボールをセカンド渡辺が落とし、この間に3塁ランナーが生還し同点となる。

そのイニングが終わると投げていた宮西がベンチで怒りの態度を見せる。

 

 

高木、岩本、真中が語る

真中 日本ハムが8連敗となりましたけど、8回裏にエラー絡みで失点しました。豊さん、これはどうなんでしょうか?

 

高木 まず最初のサードゴロのエラーは、バッター岡の足が速いということで速く処理しないといけないというのがあるのと、捕り方が半身になってるから基本から外れているということ。そして1-3塁の場面でゲッツーコースをセカンドがこぼした場面では、ショートの平沼が両手でトスしてるから、セカンドは一瞬ボールが見えないんですね。

 

真中 なるほど。

 

高木 ボールのスピードが分かりづらいんですよね。

 

真中 捕りづらいんですね。

 

高木 うん。だから基本から外れたプレーがエラーを呼んでると言ってもいいんじゃないですかね。

 

真中 まあ打った瞬間は完全にゲッツーの当たりでしたからね。

 

高木 そうなんですよね。

 

真中 宮西も悔しいと思うんですよね。

 

高木 そうですね。

 

真中 ガンちゃん、これはピッチャーとしてはどうなんでしょう?

 

岩本 これは宮西投手を誤解してほしくないんですけど、怒りを露わにしたのはエラーした個人に対してするような選手じゃないんですよ。

 

真中 そうですよね。

 

岩本 ただ、8月のファイターズはスゴくエラーが多かったんですよ。

 

真中 あぁ。

 

岩本 なのでチーム全体にね、これは監督・コーチ・選手、みんなに対する「気合い入れていこうぜ!」と。「もういっぺん腹くくってやろうやないか!」という鼓舞する一撃だと僕は捉えているんですね。

 

真中 連敗中って流れが悪くなったりするからね。

 

岩本 はい。決して個人攻撃をする選手じゃありませんので。

 

真中 その通りです。なんとか連敗を止めてほしいですね。

 

 

以上です。

投げてる方からしたらキレるのも分かります。
おすすめの記事