201994日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs読売ジャイアンツ戦で3戦目の先発で登板し見事に3勝目をあげた中日ドラゴンズの梅津晃大について元横浜の野村弘樹と元広島の達川光男がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 西武がオリックスに大勝しました。

 

真中 ガンちゃん西武打線がスゴいですね。

 

岩本 強いですよね。クロスゲームの中で役者が役者通りの働きをしましたんで、もう思わず黙ってはいられないぐらいの展開でした。そして欲しい時に外崎の先制のホームランが出たりですよね。もうどうやっても止められないぐらいの状態ですね。

 

真中 最後の中村剛也の満塁ホームランなんかね。

 

岩本 はい。もう最強打線。その名の通りですね。

 

真中 豊さん、やっぱりこの打線はスゴいですね。

 

高木 まあ勝負強いですよねぇ。やっぱ適材適所に人がいる。足が速い人間もいれば長打を打つ人間もいる。素晴らしい打線を組んでますね。

 

真中 バランスも非常にいいですよね。

 

高木 うん。

 

真中 そして現在エラー数はワーストなんですけど、今日は守備でチームを救ったというプレーがたくさんありました。

 

レフト金子が照明が目に入りながらもライナーをキャッチする映像が流れる

 

岩本 これ外野手は難しいですよね?

 

真中 これは非常に難しいですね。顔に当たるのを覚悟でいかないといけないプレーですね。

 

続いてレフト金子がフェンス間際のホームランボールをキャッチする映像が流れる

 

岩本 そして前も打球も良ければ後ろも打球もこれですよ。

 

高木 難しいプレーですよね。前は勇気を持って出れるんですけど、後ろもね。

 

続いてショート源田が難しい当たりを難なくさばき2塁で封殺するプレーの映像が流れる

 

真中 そして源田です。

 

高木 いや、源田はもう職人ですからね。あれぐらいやって当然ですよ。

 

真中 素晴らしいですよね。打線ばっかりが目立ちますけど、みんなが守って勝つという西武の強さを改めて見ましたね。

 

高木 バランスがいいよね。本当にいい。

 

 

以上です。

ピッチャーが機能すれば逆転優勝ですね。
おすすめの記事