2019621日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で決勝タイムリー&猛打賞の活躍で勝利に貢献し、1番でチームを牽引する千葉ロッテマリーンズの荻野貴司ついて元横浜の高木豊、元日ハム阪神の片岡篤史、元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



荻野のヒーローインタビューの一部

―先頭打者ホームランについて

荻野 追い込まれていたんで、なんとか粘ってという意識でやっていたんですけど、いい結果になって良かったと思います。

 

―最終打席でサイクル安打の意識は?

荻野 意識はしてましたけど、そう簡単にうまくいかないと思っているので()

 

最近5試合の成績

22打数9安打 本塁打2  打点7 盗塁2

打率.409 出塁率.480

 

高木、平松、片岡が語る

この日の荻野の打撃内容
1打席目 レフトホームラン(打点1)
2打席目 セカンドゴロ
3打席目 レフト前ヒット(打点1)
4打席目 センター2塁打(打点1)
5打席目 デッドボール
シーズン打率.321(6/21の試合終了時点)
決勝打&猛打賞でヒーロー!

 

アナ ヤクルトに大勝のロッテ。打線を引っ張ったのが1番の荻野選手でした。

 

高木 平松さん、どうですか。

 

平松 今年は調子がいいですよ。

 

高木 プレーボールでカーンっとホームランを打たれた時のピッチャーの心境ってどうなんですか?

 

平松 そら痛いわ()

 

高木 やっぱりショックですか?

 

平松 そりゃショックですよ。「ボールがいってないな」とか考えたりね。

 

高木 あぁ、余計な事を考え出すんですか。

 

平松 うん。

 

高木 なるほど。片岡さん、やっぱり荻野が元気だとチームを引っ張れますよね。

 

片岡 毎年いい頃に怪我をするんですよね。荻野が1年間、1番で出場すれば、今シーズンの成績を見てもホームランが増えてますし、楽しみですよね。

 

高木 足も使えますしね。

 

片岡 本当に怪我だけ気を付けてほしいですよね。

 

高木 そうですよね。怪我をしないように。

 

アナ 豊さんも怪我さえなければこらぐらいの成績を残すとおっしゃっていましたもんね。

 

高木 今日番組冒頭で毛がない毛がないって言ってて。

 

アナ (苦笑)

 

高木 いや、もういいです。次にいきましょう。

 

 

以上です。

ポテンシャルは前からスゴいと言われていた。
おすすめの記事