2018年10月8日vs東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は才木、ヤクルトのブキャナン。才木は立ち上がりから山田ヒット、バレンティン四球、雄平に2点タイムリーで先制される。更に2回にはショート植田のエラーからガタガタと崩れて坂口タイムリー3ベースヒット、山田ヒット、バレンティン3ランで4点取られて6点差。才木はこの回を投げ切って降板となる。一方の阪神は5回表にエラーから1点をもらって5点差とする。更に8回表に大山、陽川、梅野のタイムリーで一挙に4点を取り1点差に詰め寄る。しかし、反撃もここまで9回表は3人に抑えられて阪神は5-6で負け。MBSラジオの野球中継のレポートを参考にコメントを書いています。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―この試合の負けで最下位が確定

金本 現実を受け止めないといけない。ファンに申し訳ない。

 

―左目付近に自打球を当てた糸原について

金本 当たったのは目。本人はボヤけていると言っている。ちょっと検査に行かないと分からないけれども、全試合出場できるんであれば今後の自信になるのでね。

 

―3回から投げて3イニング無失点の竹安について

金本 3イニング無失点。低めにコントロールされていて、ナイスピッチングでした。

 

―まとめ

金本 まあ、才木が立ち上がりから良くないピッチングでしたけども、現実を受け止めて来シーズンに向けてやっていきたい。

 

 

以上です。

最下位が確定しました。これからどうなるんでしょうか。

おすすめの記事