2021年10月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で8回裏1点リードの場面で2ランを浴び、首位に遠のく痛恨の敗戦となった阪神タイガースの矢野監督の継投策について元横浜の高木豊、楽天で監督をしていたデーブ大久保、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



この日の8回裏のシーン
通常の勝ちパターンなら岩崎優をだったが、連投続きのために及川を投入。1アウト2塁、バッター・ソトという場面で矢野監督がマウンドまで足を運んで檄を飛ばしたが痛恨の2ランを浴びて逆転負けを喫することに。

 

アナ 終盤にソト選手のホームランで勝ち越したDeNAでしたが、阪神には痛い痛い敗戦となりました。

 

高木 珍しい事に矢野監督がマウンドにも行ったんですけどね。

 

アナ そこで矢野監督は及川投手に「思い切っていけと伝えた。ここまで成長してきたのを見てきたし、ここで投げさせていいと思って使っているから」と檄を飛ばしたということですが。

 

高木 大矢さん、この場面でマウンドにまで行ったという事で、監督が迷ってたんじゃないかなと、そんな事ないですか?

 

大矢 この場面でDeNAのソトはそんなに調子が良くないのよ。そこでまさかホームランというのは考えてなかったでしょうね。監督がそうやって継投したわけだし仕方ない。

 

高木 うんうん。

 

大矢 まあだから継投失敗です。

 

高木 あぁ。デーブさんはどう思いますか?わざわざマウンドまで行って勇気づけをしたという。

 

大久保 ここは自分にも言い聞かせるために行ったと思うんですよね。

 

高木 なるほどね。

 

大久保 結局、自分が行くと目立つのも分かってて、正直ここで打たれちゃったら変な感じになるんですよね。

 

高木 うんうん。

 

大久保 相当迷いがあったんじゃないですかね。でも迷ってんだけど、自分に言い聞かせるためにマウンドに行ったと思うんですよね。

 

高木 何か自分自身の迷いをマウンドに行って及川を勇気づけることで吹っ切ろうとしたように見えますけどねぇ。

 

アナ 矢野監督は「今日のこの悔しさを明日に繋げてくれたら」とも談話を残していたので及川投手の次の登板にも期待です。

 

高木 はい。

 

 

以上です。

自分でも迷っていたからマウンドに行った。
おすすめの記事