2021年10月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で自身初の30号ホームランを放ち勝利に貢献したオリックスバファローズのラオウ・杉本裕太郎について元横浜の高木豊、楽天で監督をしていたデーブ大久保、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



アナ オリックスが日本ハムに逆転勝ちで首位をキープ。杉本選手が30号ホームランを放ちました。

 

高木 右バッターでは石嶺以来という事で相当遡るチーム記録なんですよね。ホームラン王争いで2位に3本差です。

 

パ・リーグ本塁打王争い(10/7の試合終了時点)
1位 杉本裕太郎 30本 残り試合12
2位 柳田 悠岐 27本 残り試合13
3位 マーティン 26本 残り試合16

 

高木 そして3番を打っていた吉田正尚がいない時にね。大矢さん、チームの中心である吉田がいない時にこうやって打ってくれるという。

 

大矢 うん。吉田がデッドボールによる怪我でまたチームがガタっといくかなと思ったけどね。

 

高木 そうですよねぇ。

 

大矢 杉本が頑張ってますよね。

 

高木 デーブさん、やっぱ30発って素晴らしい数字ですよね。

 

大久保 30本打つ人って本物ですよね。また30本打つ人のバッティング練習ってもう芸術ですもんね。

 

高木 はい。今日でも軽々と持って行ってますもんね。

 

大久保 もうどこでも入るって感じで立ってるのがいいですよね。ライトでもレフトでもって感じで力んでないですもんね。

 

高木 なるほど。オリックスは守りも素晴らしいんですけど、吉田がいないだけに杉本がいるとチームに安心感がありますよね。

 

アナ はい。チームに安心感を与えた3試合ぶりの一発が同点のソロとなりました。そしてチームが勝利。

 

 

以上です。

吉田正尚が不在でも十分に戦えてます。
おすすめの記事