2018年2月にスカイAの「猛虎キャンプリポート」という番組で元阪神の掛布雅之と朝日放送の中邨アナと元阪神でスカイAディレクターの福家雅明と共に語っております。2軍では活躍できるのに1軍ではどうしても力が発揮できなかった陽川について語っています。

 



これは2018年2月に語ったことです

 

掛布 陽川の1つの課題は速いストレートの打ち損じが多いんだよね。

 

中邨 打ち損じということはちゃんと捉えられるというのもある。

 

掛布 あるんです。ミスショットが多いんです。速いボールに対して。

 

中邨 ベンチで見ていて勿体ない!という。

 

掛布 捉えた時は素晴らしい打球を打ちますからね。

 

中邨 ねぇ。

 

掛布 ちょっと後ろ(テイクバックのこと)が無駄が多いんですね。トップからバットをボールにぶつけていく時にね。

 

福家 なるほどね。そうですね。

 

掛布 その部分でちょっとズレが生じるんでしょうね。

 

福家 でも、もうファームは卒業でしょ?

 

掛布 卒業ですね。

 

中邨 もうファームのタイトルはいいからというね。

 

福家 秋山拓己投手がずっとそういう状態でファームで結果を出していて。1軍に行くと何か変わるのか陽川も何か変わるのか。

 

掛布 一度、陽川に「何で1軍に行ったときにお前のバッティングが出来ないだ」と聞いた時に「1軍のピッチャーのキレか?スピードか?」と色んな事を聞いたら

 

中邨 はい。

 

掛布 「そういう事は関係ないと思います。自分が変わってしまう自分がいる」と言った事があります。

 

福家 よく分かります。(※福家は元阪神の投手で才能が開花せずに通算0勝で引退した)

 

掛布 分かるでしょ。

 

福家 名前を告げられてマウンドに行くといつもの自分じゃないと思うんですよ。自分のフォームで投げられないとかね。

 

中邨 公式戦で甲子園でマウンドに上がるとか打席に入るのはそういうもんなんですか。

 

福家 はい。

 

掛布 陽川が2017年に1軍に上がって2軍に落ちてきた時に「何なんだ」というようなことを言ったんですけど。

 

中邨 はい。

 

 

掛布 本当に正直に話してくれたと思うんですよ。「ちょっと自分が変わってしまうんだ」というね。

 

福家 それがない時は普通にいけるんです。

 

掛布 いけるでしょ。スッといけるでしょ。

 

福家 1軍でピッチング練習した時にいつものフォームじゃないとか、いつもの自分じゃないと思うと全くダメです。

 

中邨 やっぱりね。

 

掛布 そういう雰囲気がそうさせてしまうんですよね。独特の。

 

福家 僕も1軍半で落ちたり上がったりすると自分にプレッシャーかけたり。

 

掛布 そう。自分自身がね。

 

福家 そうです。

 

掛布 極端な話、仮にずーっと我慢して陽川を143試合使ったとしたら中谷と同じぐらい20本ぐらいホームランは打てると思います。そのぐらいの力はあると思います。

 

中邨 そうですか。

 

掛布 まあ、率は抜きにしましてね。20発を打てる力はあると思いますよ。ファームでの20発以上のホームランを見てきてますんで。(※陽川は2016年と2017年の2年連続で2軍の本塁打王と打点王)

 

中邨 はい。

 

掛布 それと打ち取られ方がちょっと弱すぎるんです。よくあるでしょ(笑)

 

中邨 そうですね。「え、もう終わり?」みたいなやつですね。

 

掛布 そのあたりでベンチにいると物足りなさを感じてしまうんでしょうね。

 

 

以上です。

2軍では実績があるのにどうしても1軍で活躍ができない選手っていますよね。実力不足ももちろんあるんでしょうが自分が変わってしまうというのも大きいんでしょうね。これは2018年2月に掛布が語ったことでした。

おすすめの記事