2018年4月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で打てる捕手・西武ライオンズの森友哉について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、同じく元横浜の野村弘樹が語っております。この日の森は4打数2打点1本塁打でチームの全打点を上げる活躍をし西武はソフトバンクに2-1で勝利しました。

 



【まず西武辻監督の勝利監督インタビューで森について語っている部分が流れる】

―全打点の森について

辻 先取点は非常に大きかったし、またズルズルと行くところであのホームランは非常に大きかったし。今日もよく引っ張ってくれましたね。

 

―打てるキャッチャーとして期待が高まるが

辻 そうですね。こういう痺れる試合で友哉もグッタリだと思うんですけど、そういう経験が彼を大きくしていくと思うので非常に良い経験だったと思います。

 

 

【ここから谷沢、高木、野村が語る】

野村 森選手が打てるキャッチャーとして今シーズン、いかに頑張るかでライオンズが変わってくると思うんですけど。しかも、DHの使い方も変わってきますよね。森選手の成長というのを谷沢さんはどう感じていますか?

 

谷沢 下から突き上げるようなスイング。後ろが大きかったんですよね。でも、後ろが非常に小さくなってきている。バットのヘッドが立ったままで振り下ろしてきて、そして手首の返しでヘッドの返しでボールを飛ばしていくようなね。

 

野村 高めをあれだけ振れるわけですからね。

 

谷沢 振れる振れる。

 

野村 豊さんはどうでしょうか?

 

高木 まあ、ラインに入れるのが上手いですよね。だから、高めだからといって上から抑え付けようじゃなくて、もう高めのラインに入れていくという。これはもう天才的ですよ。

 

野村 バットの軌道をそこに持ってくる技術ということですか。

 

高木 そうですね。昔、ピッチャーですけども野村弘樹に似ていますよ。

 

野村 ハハハ(笑)

 

高木 バットの軌道がね。

 

野村 そこで僕ですか(笑)

 

高木 似ていることは確か。

 

野村 そうですか(笑)

 

 

以上です。

高木豊が森友哉を天才認定しました。それだけのものがありますよね。体は小さいのに物凄いスイングです。それにしても高木豊の野村イジリは何なのでしょうか(笑)

おすすめの記事