2018年4月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で広島を相手に粘りの勝利をあげたヤクルトについて元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、同じく元横浜の野村弘樹が語っています。

 



野村 今日のヤクルトは5点取った後にすぐに5点を返されて、カープがここまで全て逆転勝ちをしている中で凄く嫌な雰囲気になりましたが、その後の攻撃で代打で出て来た山崎が三塁打を打って頭部死球のアクシデントの川端の代役の西浦がすぐに結果を出すというところではカープもそうですけどヤクルトにも勢いを感じたんですよね。そのへんは豊さんはどう見られましたか?

 

高木 2人のコーチがいるじゃないですか。

 

野村 石井琢朗と河田さん。

 

高木 うん。4回裏の攻撃を前にヤクルトベンチが円陣を組んだじゃないですか。カープに対する精神的な圧力だよね。

 

野村 なるほど。

 

高木 僕にはそう見えましたよ。なにを言うわけじゃなくて、あの2人が中心に立っているだけでカープの若いピッチャーは動揺しない?

 

野村 なるほどねぇ。

 

高木 なんか俺はそれを感じて一気に5点となったように思う。その勢いが追い付かれたけども後半に繋がっているという。

 

野村 なるほど。

 

谷沢 それと、コーチが新しく加わった影響かもしれないけど三塁打を打った山崎の走塁を見ているとライトの方に飛んでいる打球なのに2塁ベース付近で自分で判断して、自分で振り返りながらも先の塁を狙う。

 

野村 うん。その辺の意識も高くなっている。

 

高木 トップランナーはコーチの指示がいらないんですよ。自分で判断をして走る。

 

野村 前にランナーがいないということですよね。

 

高木 そうそうそう。

 

野村 なるほど。次の塁を狙う意識も高くなっていますよね。

 

谷沢 あと、青木の性格の明るさもね。

 

高木 いいですよねぇ。

 

谷沢 それで悔しさも爆発させる。その前に凡打した時もそうだけど、打てば打ったでチームを鼓舞するような、上原と一緒ですよ。そういうメジャー仕込みの明るさっていうかな。

 

高木 開幕からもう2回ぐらいデッドボールをぶつけられているんですよ。それでも元気にプレーを続けているというね。

 

 

以上です。

ヤクルトはチーム改革が着実に進んでいますね。そして、青木もチームに好影響をもたらしています。

おすすめの記事