2018年4月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日はチャンスで打てず4タコだった横浜の筒香嘉智について元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊、同じく元横浜の野村弘樹が語っています。

 



野村 豊さん、DeNAはここまで1勝で苦しんでいますけども、心配なのは打線。

 

高木 そうですね。

 

野村 その中でも筒香。この状態をどう見ていますか?

 

高木 まあ、全体的に状態が悪いんですよ。DeNA のバッティングの状態が。その中でも筒香は自分がしっかりしなきゃいけない、自分がランナーを返さなきゃいけないと全部責任を背負っているような打席なんですよね。

 

野村 なるほど。

 

高木 ロペスっていう頼れる外国人打者がいる。それで、ロペスに繋いでロペスが打つようになったら筒香に勝負してきますよ。この日の阪神バッテリーはほとんどボール球で誘っていて筒香はそのボール球に焦って手を出している。

 

野村 その原因というのは技術的な事よりも精神的な事の方が大きいんでしょうか?

 

高木 いや、責任感です。

 

野村 それが強引さに繋がっているという。

 

高木 あとは早くホームランを打ちたいという焦りもあるでしょうね。

 

野村 谷沢さんはどう見ますか?

 

谷沢 キャンプから筒香を追っているとグリップの位置で非常に苦心しているんですよ。キャンプの時は高く構えていて、今は低く構えながらテイクバックの時に上げていくんですよね。だから、非常に試行錯誤しているなあというのがグリップに表れていますね。

 

野村 そうですね。

 

谷沢 だから、グリップを気にするあまりに上半身主導のバッティングになっている。腕から早く出ている。

 

野村 昨年よりも重心が高いじゃないですか。この辺の影響は感じますか?

 

谷沢 感じますね。だから、腕から先にでるから上半身が突っ込んでいく。やっぱり下半身主導で上半身に繋げていくような、そういうバッティングが望まれますね。

 

野村 豊さんは新しいフォームをどう思いますか?少し重心が低くなってきたとは思うんですが。

 

高木 低くなってきましたね。だから、今は試行錯誤しながらやっていると思うんですよ。

 

野村 はい。

 

高木 これは自分が決めていることですから元に戻せとは言えないです。これでシーズンを通すんだと思いますね。

 

野村 本人も変えてこないだろうと。

 

高木 ただね、引っ張る気持ちが強すぎる。だから、左肩も出てくるし開きも早くなる。

 

野村 なるほど。

 

 

以上です。

まだ開幕4試合だけなのにガタガタ言うなという話ですけど筒香のフォーム改造はまだ途中のようです。完成するんでしょうか。

おすすめの記事