2018年7月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で降雨中止が重なりまくり更に7月9日からの広島での3連戦も西日本を直撃した大雨の影響で中止が発表されて日程が詰まりまくっている阪神タイガースについて元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、元阪神ダイエーの池田親興が語っています。

 



7月5日 中日戦 雨天中止

7月6日、7日 横浜DeNA戦雨天中止

7月8日 横浜DeNA戦 試合あり

7月9日~11日 広島戦 中止

7/12日~15日 オールスターの日程で試合なし

 

 

岩本 谷沢さん、阪神が次の試合までスゴく日にちが空くんですけど、これはまた調整具合が難しくなったりしないですかね?

 

谷沢 まあ、オールスターゲームに出る選手はいいですけど、出ない選手は1週間以上空くというのは長すぎますよね。

 

岩本 そうですよね。

 

谷沢 だから、どういう練習の組み立てというか、スケジュールをしていくのか、そのへんがポイントじゃないですか。

 

岩本 その前にも雨で流れている試合がありましたし、こういう時は野手陣はどうですか?

 

谷沢 いや、3日休んだらダメですよ。

 

岩本 あっ、そうですか。

 

谷沢 はい。3日休んだらバッティングの感覚というか、バットを握る感覚がおかしくなりますね。

 

岩本 バッティング練習をしていても試合だと全然違うもんですか?

 

谷沢 バッティング練習をしていてもゲーム感というのは無くなりますよね。

 

岩本 チカさん、ピッチャーもまあまあデリケートな部分ですよね。

 

池田 まあ、精神的に不安が出てくるじゃないですか。

 

岩本 はい。

 

池田 岩本さんも経験があるでしょうけど、やっぱりスライドで1回飛んだりするのと同じですから、そこにコンディションを合わせていく時に日程がズレ込んだ時のマウンドに上がるまでの不安はずっとあって。

 

岩本 はい。

 

池田 まあ、投げ始めてしまうと違うんでしょうけど、そのへんがどう影響するかでしょうね。

 

岩本 そうですねぇ。

 

池田 それと最終節なので、特にセ・リーグ競っているから、1勝2勝というのは今よりも後半の最後の締めの部分の方が大きくなってくるんでね。

 

岩本 はい。

 

池田 特に連戦になってくるとなると厳しいですよね。まあ、誰か救世主が出てきてほしいですよね。

 

岩本 なるほど。ラッキーボーイ的な。

 

池田 はい。

 

谷沢 だけど、ミニキャンプが大事じゃない?

 

岩本 思いきってやろうと。

 

谷沢 ピッチャーがミニキャンプをするように野手もそういう練習が大事ですよ。

 

岩本 いずれにせよ、空白のある日程を有効利用に変えていきたいですよね。

 

谷沢池田 そうですね。

 

 

以上です。

雨での延期で日程が詰まりまくりで大変ですけど、メジャーみたいに強引に7月からダブルヘッダーを組み込むべきですよ。

おすすめの記事