2019621日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦の9回表のエラーから逆転された広島カープ。そのきっかけのエラーをした小園海斗について元横浜の高木豊、元日ハム阪神の片岡篤史、元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



シーン

9回表 広島1点リード

1アウトランナーなしでバッター大城が打ったイージーなショートゴロを小園が悪送球しランナーが1塁に。その直後に吉田正尚に逆転2ランホームランを打たれてしまいチームは負けてしまう。小園のイージーなショートゴロのエラーが痛恨のエラーとなってしまう。

 

 

高木、片岡、平松が語る

この日の小園の打撃内容
1打席目 サードゴロ
2打席目 ファーストゴロ
3打席目 空振り三振
4打席目 キャッチャーファウルフライ
5打席目 空振り三振

 

アナ 吉田選手に久々のホームランが出てオリックスが広島に勝利しました。

 

高木 16試合ぶりということで、吉田が打つとやっぱり強いということで。

 

アナ 盛り上がりますね。

 

高木 でも、そのキッカケを作ったのが小園のエラーでした。平松さん、まあいい勉強しましたね。エラーの怖さというかね。

 

平松 そうだね。もう記憶に残ると思いますよ。忘れられないプレーになるでしょうね。

 

高木 そうでしょうねぇ。

 

平松 今はチームが低迷しているから、余計に記憶に残るでしょうね。

 

高木 エラーの後に「すいません!」って謝ってますけど、ああいう姿がいいですよね。そして9回裏の打席では空振り三振したんですけど、初球からフルスイングするんですよね。

 

平松 やっぱり最後のエラーを取り返そうという気持ちが出てますよね。

 

高木 はい。片岡さん、こういう痛手を負ったルーキーにとって、今後どういうことが大切ですか?

 

片岡 まあ誰しもがこういう経験をすると思うんですよね。

 

高木 はい。

 

片岡 大切なのはエラーした事を生かして明日からどういう姿勢で練習に取り組むかが大切だと思うんですよね。

 

高木 そうですね。

 

片岡 9回裏の攻撃では小園で試合が終わりました。代打も出されずに打席に立たせてもらえたんでね。若い選手ですから、攻めていく姿勢を忘れずにやってほしいですね。

 

高木 はい。まあいい勉強をしたと思って、自分に足りないところを1軍で掴んで練習するしかないですよね。

 

アナ まだ2試合目ですからね。

 

 

以上です。

最終回に打席に立たせた緒方監督はさすがですね。
おすすめの記事