2020729日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で2番に森友哉、9番に源田を並べるなどをして打順を組み替えるも機能しなかった埼玉西武ライオンズの打線について元中日の谷沢健一、元日ハム阪神の片岡篤史、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの黒澤詩音と共に語っています。

 



この日の西武の打順
1番 鈴木
2番 森
3番 山川
4番 外崎
5番 中村
6番 栗山
7番 スパン
8番 木村
9番 源田

 

アナ 西武は打順の組み替えも実らずソフトバンクに敗れました。辻監督は打順を変えたことに関して「源田の体調が万全ではないし、あまり打席に立たせたくないから一つずつ打順を上げただけ。山川は4番は4番だから」とコメントを出されています。

 

真中 そうなんですよ。谷沢さん、最近は源田の体調もあまり良くないということで、打順を上げて2番森、3番山川という珍しい打順を組んだんですけど。

 

谷沢 まあ、それなら源田を外すのもいいと思うけどね()

 

真中 はい。

 

谷沢 しかし、森が2番という、キャッチャーで2番というのも珍しいよね。

 

真中 それはあまりないですよね。

 

谷沢 これによって余計な疲労が溜まらなければいいけどね。

 

真中 そうですね。まあ色んな変化を求めてるとは思うんですけどね。

 

谷沢 まあ、今は打線に刺激が必要なんだろうな。

 

真中 そうですね。片岡さんは今日のこの西武の打順をどうご覧になりますか?

 

片岡 源田の体調次第というのもあると思うんですけど、今言われたようにキャッチャーで2番はちょっと忙しいかもしれませんよね()

 

真中 そうですよね()

 

片岡 ただ誰が何番に入っても、そんなに変わるような打線ではないですから。みんな力がある打者ですからね。このスタメンの選手たちが状態を上げることが一番ですよね。

 

真中 そうですね。とりあえず森が心配なんでね。何とかグッと状態を上げてほしいと思いますね。

 

 

以上です。

源田がかなりスランプですね。
おすすめの記事