2019622vs埼玉西武ライオンズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は岩田稔、西武の先発は本田圭佑。岩田は初回にバックの守備にミスが連発しましましたが何とか0点に抑える。しかし2回裏に岩田の大阪桐蔭時代の同級生の中村剛也にソロホームランを打たれて先制される。更に4回表にも中村剛也に2打席連続ホームランを打たれて2点差となる。阪神は4回裏に近本がヒットで出塁し二盗、三盗を決めてチャンスを広げ糸井のタイムリー、大山が2塁打、マルテが2点タイムリーで逆転。更に5回裏に木浪のタイムリーで2点差とする。そして6回裏には大山のタイムリーで3点差。その後も1点取り4点差として、最後はドリスが締めて最終スコア6-2で阪神の勝利。GAORAABCラジオとMBSラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―見事な逆転勝利

矢野 タイガースらしい野球でいい勝ち方ができました。

 

―逆転の口火は近本

矢野 大きく流れを変えてくれたのは近本でしたね。負けている場面でもああやってチャレンジしていくプレーで一気に流れを呼び込むようになったんで素晴らしかったと思います。

 

―三盗が効果的だった

矢野 健斗も繋ぎたかったと思うんですけど、それを近本がカバーしてくれましたし、近本らしさを存分に出してくれました。

 

―糸井が上向き

矢野 ここに来て状態が良くなってきてますし、いいところで打ってくれるというのが嘉男の本来のバッティングだと思うんで、そういうのにドンドン近付いてくれている感じなんで頼もしく思っています。

 

―あわやホームランの打球もあった

矢野 嘉男はパワーもあるんでね。これからドンドン長打を打ってくれると思います。

 

  

―マルテの逆転打

矢野 効果的な得点になりましたし、なかなか向こうの野球とは違う、向こうは一発で点を取りますけどウチはなんとか繋いで走ってという野球の中でマルテのタイムリーも効果的なヒットでした。

 

―マルテの家族も初観戦

矢野 ベンチの上に向かって手を振っていたんで家族の前でハッスルしてくれたのもあると思います()

 

―昨日はもう少し点を取れたと言っていたが今日は点を取れた

矢野 欲を言えば色々とありますけど、全体的にはタイガースらしい野球ができましたし、後ろのピッチャーも多少の余裕を持ちながら投げられたというのも大きいと思います。

 

2ヶ月ぶりの勝利の岩田

矢野 高校の同級生の中村剛也に見事なスゴいホームランを打たれましたけど、それ以外は岩田らしくね。なかなかいいピッチングをしても勝ちがつかないというのがあったんですけど、勝ちもつきましたし、また後半に繋がるような今日の登板になったと思うんで本当に岩田がリズムを作ってくれたと思います。

 

6回で内野ゴロが14

矢野 それが持ち味ですし、岩田らしさが出たと思います。

 

―交流戦も明日が最終戦

矢野 苦しいところもありましたけど、今日みたいなうちの野球、挑戦して積極的にいく、というものなんで、明日も頑張りたいと思います。

 

 

その後の矢野監督のコメント

―二盗、三盗で揺さぶった近本

矢野 近本が出る出ないで違うし、今日は得点に繋がったけども、近本が出ることによって相手は嫌がるので相手にジワジワと効いてくる。今日な二盗、三盗があったけども、チャレンジする姿が勝ちに繋がる。最近打ててないから足にスランプがないと言うけど、調子が悪いと走る勇気もなくなってくるので、そういう意味でも近本の気持ちで流れが変わったな。

 

―岩田について

矢野 西武打線を見たら威圧感があると思うけど、そこは梅野と二人で持ち味を出してくれた。ソロホームラン2本のみで逃げるピッチングじゃなかった。

 

―折り返しの72試合目のまとめ

矢野 投手陣がしっかりと頑張ってくれている。今日は久々に先発に勝ちもついた。どのピッチャーも勝ちパターンでいってくれているし、よく投げてくれている。ライオンズとは対照的だけども、ウチらしい挑戦する野球ができている。

 

 

試合後の清水ヘッドのコメント

清水 先に点を取られたけども、近本が出て走って流れを作ってくれた。僅差を勝ててこそウチの力が発揮できると思う。

 

 

試合後の筒井1塁ランナーコーチのコメント

筒井 チカの持ち味というか、狙えるときはどんどん狙う。いいところを本当に出してくれた。盗塁によってバッティングにもいい効果が出て来てほしいね。

 

 

以上です。

快勝でした。
おすすめの記事