2019614日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦の同点で迎えた7回裏に決勝の2ランホームランを含む猛打賞でヒーローとなった北海道日本ハムファイターズの王柏融について横浜OBの斎藤明雄、高木豊、野村弘樹がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



斎藤明雄、高木豊、野村弘樹が語る

この日の王の打撃内容
1打席目 センター前ヒット
2打席目 空振り三振
3打席目 ライト前ヒット
4打席目 ライトホームラン(打点2)
シーズン打率.303(6/14の試合終了時点
本拠地第1号!

 

アナ 今日は先発が降りてから試合が動きました。

 

高木 そうだね。なんか原監督が動くと、ちょっと中継ぎが弱いだけに不安になるんですが、それを打ち砕いた王柏融ですよ。

 

アナ はい。

 

高木 明雄さん、なんか慣れてきたなあという感じがしますよね。

 

斎藤 変化球にうまく付いてこれるようになっていますよね。このホームランも泳がされているんですけど、やっぱりリストが強いのかなあ。あれであそこまで飛んでいくというのがスゴいですよね。

 

高木 そうですよね。野村さんはこの王柏融を見てどうですか?

 

野村 4月、5月はあんまり目立たなかったじゃないですか。

 

高木 そうだね。

 

野村 28分ぐらいを打っていたと思うんですけど。ただ、ここに来て長打も出始めているんで流石だなというのと、豊さんが言われるように日本のピッチャーに対する慣れでしょうかね。

 

高木 うんうん。

 

野村 配球を含めて、ある程度は彼に見えてきたものがあるんじゃないでしょうかね。

 

高木 見ていると、軸が動かないんですよ。

 

斎藤 うんうん。

 

高木 崩されないというか。

 

野村 はい。

 

高木 まあこれから日本ハムは打線が繋がってくると面白いですよ。

 

アナ そうですよね。

 

高木 はい。

 

 

以上です。

4割バッターですから対応したらとんでもないことになりますよ。
おすすめの記事