2018年4月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs広島戦で初回に点を取られるもその後に好投した横浜DeNAの東克樹について元中日の谷沢健一、元横浜の谷繁元信、元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



【この日の東の投球内容】

8回115球、被安打9、奪三振11、四死球2、失点3

 

 

谷沢 負けはつかなかった。しかし、そのピッチングというのはルーキーとしては見事な堂々としたものですよね、谷繁さん。

 

谷繁 ですね。僕はキャンプで彼のピッチングをブルペンで見たんですけど、ここまで力投型のパワーピッチャーという感じはしなかったんですよ。

 

谷沢 はい。

 

谷繁 それで、いざシーズン入るとパワーピッチャーですよね。あと、凄いなと思ったのが前回の巨人戦(4/19)では初回にちょっとバタついていたんですよ。

 

谷沢 うん。

 

谷繁 それを次の回に修正してきたんですよ。

 

谷沢 はい。

 

谷繁 そこからビシャーっと抑える。今日もそうなんです。それをある人に聞いたら巨人戦で初回が悪かったんでブルペンでちょっと投げたらしいんですよ。

 

谷沢 はいはい。

 

谷繁 それで、合わせてまたゲームに入っていったんですよ。そういう彼の修正能力というは凄いですね。

 

谷沢 野村さんは東の修正能力というか、外へのチェンジアップとストレート。あの辺の制球力というのは見事だよね。

 

野村 そうですよね。それで勝負どころでの失投がないですよね。7回を終わって8回にマウンドを上がって少しボールが浮いていたんですよね。

 

谷沢 はい。

 

野村 それで、本人も7回でもしかしたら終わりかなというイメージを持っていたのかな思ってしまったんですけど、それで四球を出してしまったんで。

 

谷沢 うん。

 

野村 でも、そこからの切り替えでもう1回エンジンをかけられる。

 

谷繁 あとはね、僕は度胸があると思います。

 

谷沢 度胸か。

 

谷繁 でないとベンチでバナナ食べれませんよ。

 

一同 (笑)

 

アナ よく食べていますよね。今日も交代してからバナナを食べてから去った東投手でした。

 

 

以上です。

この日のチームは負けはしましたけど潜在能力が凄まじそうな東です。谷繁に絶賛されているのもいいですよね。まだ新人ですからこれからかなり期待できるピッチャーになると思います。

おすすめの記事