2018年4月22日にTBSで放送された「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで元阪神の川藤幸三がこの前日にサイクルヒットを達成したソフトバンクの柳田悠岐の豪快なスイングを見て感心しています。番組MCの関口宏と元ロッテ巨人の張本勲と共に語っています。

 



【柳田のサイクルヒットを見て】

張本 柳田にアッパレあげてください。

 

関口 はい。川藤さんはどうですか?

 

川藤 あのね、わし見ててね、これはわしも柳田に当然アッパレなんだけど、これ見とったら野球界のバッティングの地図が全部変わってきた。

 

関口 どういうことですか?

 

川藤 振り方が柳田でも他のホームランを打っとる連中なんかを見とったら、天井に向かって打っとりますわね。

 

張本 無茶振りというのあれを。

 

川藤 あのスイング自体が我々の頃ともう全然違う。

 

関口 何でなんだろう?

 

張本 まずね、球が違うと思う。それと下半身が歩幅が狭いから膝に余裕があるから、少々無茶振りをしても打てる。

 

関口 うーん。

 

張本 歩幅が広いと、膝に余裕がないと、あれだけ振れないんです。

 

関口 はー。

 

川藤 気持ちいいじゃない。今の野球選手の打撃を見てたら、あれだけ振って「ほらもういけぇー!どこまでも飛ばしたれ!」というようなスタイルが今の野球界では絶対にええねん。

 

関口 あ、そうですか?

 

川藤 合っとるんです!

 

関口 なるほど。川藤さんも昔は無茶振りしてたような・・・。

 

川藤 いや、わしのことはええねん(笑)

 

一同 ハハハ(笑)

 

川藤 だから、球界を楽しくせないかんからね。

 

関口 そうですね。

 

 

以上です。

川藤は昔気質の男ですけどフライボール革命という言葉を知らなくても、そういうモノが今の時代には当たり前になってきているというのを肌で感じているのかもしれませんね。現役時代の川藤は俊足で守備に定評がある選手だったみたいですけどね。

おすすめの記事