中日・浅尾拓也の引退セレモニーを見て高木豊と金村が語る 2018年9月29日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月29日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日の中日ドラゴンズvs.阪神タイガース試合終了後に行われた浅尾拓也の引退セレモニーを見て、投手浅尾について元横浜の高木豊と元近鉄西武の金村義明がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

アナ 豊さん、ドラゴンズの浅尾拓也は中継ぎ投手として史上初のシーズンMVPというのかありました。

高木 いいときから悪いときへ、ものすごくギャップがあるんですよね。

アナ はい。

高木 いいときっていうのはもう本当に怖いもの知らずで、小気味のいい、ねじ伏せるような投球だったんですけども。

アナ うーん。

高木 やっぱり不調になってから辛かったでしょうねぇ。

アナ ここ数年は本当にそうでしょうねぇ。

高木 うん。辛かったと思う。でも、本当に記録よりも記憶に残る選手の一人ですよね。

アナ はい。僕は一緒にトークショーをしたことがあるんですけど、非常に誠実でいい人ですよ。

高木 この前の引退会見でもスゴくそれが出ていましたよね。マウンド上で投げるように小気味のいい性格ですよね。

アナ そうですねぇ。金村さんは浅尾投手に関してはどう見られていますか?

金村 とにかく、女性に人気がありましたし、やっぱりスゴいピッチャーだなと。

アナ そうですね。

金村 見た目は優男のように見えるんですけど、あの剛速球とフォークボールが凄かったですよね。

アナ はい。

金村 岩瀬と共に本当に黄金期のドラゴンズを支えたピッチャーですよね。

アナ はい。

金村 ファンの記憶には焼き付いているんじゃないですかね。一時、岩瀬が不調だった時には浅尾が後ろに回ったりもしましたからね。

アナ そうでした。

金村 その浅尾が今日、岩瀬に投げてくれと言ったっていうのが全てじゃないですかね。

アナ なるほどね。

浅尾拓也(33歳) 2007~2018年に中日

通算415試合 38勝21

23セーブ200ホールド 防御率2.42

2006年大学社会人ドラフト3巡目

2010年2011年に最終優勝中継ぎ 2011年シーズンMVP

2010年47ホールド、25試合連続HP (プロ野球記録更新)

以上です。

本当に引退しちゃいました。岩瀬も引退報道が出ているんですけど本当に引退するんでしょうか。