2019429日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.読売ジャイアンツで今季5試合目の先発でまたも勝利ができなかった横浜DeNAベイスターズの上茶谷大河について元横浜の平松政次、元南海阪神の江本孟紀がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



この日の上茶谷の投球内容

581被安打3 奪三振3 四死球2 失点3

今季02敗 防御率5.06(4/29の試合終了時点)

 

 

江本の解説

アナ 江本さん、DeNAは勝ちましたけど上茶谷は5回を投げ切ったもののまたも勝ち星ならずでした。

 

江本 そうですね。せっかく好投してて、5回をどうやって乗り切るかと。

 

アナ はい。

 

江本 5回裏は1点リードとはいえ、ここを乗り切って67回と抑えていかないとなかなか結果が付いてきませんよ。

 

アナ いいピッチングをしていたんですがね。

 

江本 そうですね。スタミナの問題があるかもしれませんが、ちょっとボールが上ずったり、際どいところにボールが行かなかったとか。押し出しのデッドボールなんかもそうですよね。

 

アナ はい。

 

江本 これは本人が一番乗り切らんとアカンなと十分思ったでしょうね。

 

アナ 上茶谷は結局、勝ち星が付きませんでしたが彼にとっては大きな試練となったゲームになりました。

 

江本 そうですね。だから、あとは今日の教訓を生かすしかないですね。

  

ここから平松も語ります

 

平松 私が今日見ましてね、少しずつ良くなってきてるかなと。

 

アナ はい。

 

平松 ボールもコースに決まり出したし、スライダーもいいですしね。全体的には次の登板はいけるんじゃないかなと。そういうものを見せてくれましたんで、次ぐらいからはひょっとしたら勝つかなと。江本さん、私はそう映ったんですけど。

 

江本 うん。やっぱりこれだけのコントロールとスライダー系のボールがあるのはいいですよね。あともう一つあったらいいなと思うのが、カーブ系で大きな変化があるといいのかなと思うんだけどね。

 

平松 あぁ、そうですね。

 

江本 フォークもたまに投げて、チェンジアップも投げてるんだけど、やっぱり目線が低いんですよ。だから一回目線を起こすようなボールとかね。こういうのを使った方がいいんじゃないかと思うんだけどね。

 

平松 まあ、次回から期待して見ましょう。

 

 

以上です。

次に期待です。
おすすめの記事