2020827日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で故障から復帰したオリックスバファローズの山岡泰輔について元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也、元中日の谷沢健一がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の山岡の投球内容
3回63球 被安打3 奪三振4 四球1 失点3

 

稲村 オリックスはソフトバンクに敗れましたが、山岡投手は復帰戦を白星で飾る事ができませんでした。

 

高木 谷沢さん、エースが戻ってきましたけど、山岡はソフトバンクに相性が悪いんですよね。通算05敗で防御率5.68

 

谷沢 そうそう。今日のピッチングを見ててね、ひと頃のボールのキレというのはあまりないですね。甲斐に打たれた2ボール1ストライクからのストレートなんて全然良くなかったもん。

 

高木 それで次のカードがロッテで通算66敗で防御率が3.62なんですよ。

 

通算成績(2020年8月27日時点)
対SB  12試合0勝5敗 防御率5.68
対ロッテ 17試合6勝6敗 防御率3.62

 

高木 ちょっとローテーション的に考えて、ここで山岡を投げさせるのはどうだったのか。やっぱローテーションで他のピッチャーの順番を変えるのイヤだったんですかね。里崎さん、このローテーションなんですけど、あと1試合待てばマリーンズなんですよ。これについてはどう思います?

 

里崎 そうですねぇ。僕は今年のオリックスの今の低迷を招いているのは、対ロッテの大幅な負け越しが大きな原因だと思うんですよ。

 

高木 6連敗しましたからね。

 

里崎 現時点(8/27時点)でロッテの1011分なんですよね。その中で言うとロッテ戦をしっかりと戦う事が急浮上するための要因になると考えたら、僕はロッテ戦に山岡を持っていくのがベストなチョイスだったんじゃないかなと思いますね。

 

高木 なるほどね。まあ、怪我明けで他のローテーションを崩したくないっていうのもあったんでしょうけど、山岡だけの事を考えると、ロッテの方が投げやすかったんじゃないかなと思いますね。

 

稲村 そうですよね。

 

高木 まあ、心強い投手が帰って来ましたね。

 

 

以上です。

今日の内容は良くなかった。
おすすめの記事