2018年9月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で勝利し球団史上初の3連覇を果たした広島カープの1年の戦いぶりを元南海阪神の江本孟紀、ヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



野村 江本さん、カープが優勝して改めて今年のカープの1年を振り返って頂きたいんですけども。

 

江本 まあ、振り返ればカープはずっと独走していてね。あとの5球団は何をしていたのかという戦いでしたね。

 

野村 そうですね。

 

江本 今はご苦労さん、優勝をおめでとう、という言葉を別の言葉で言うと、CSを早くやめなさい。(※江本はCS反対派)

 

一同 ハハハ(笑)

 

野村 やはりそこに行きつきますか(笑)

 

稲村 いつも仰いますもんね。

 

江本 これからが心配なんだよ。ここまではスゴかった。

 

野村 真中さんは今年の1年のカープはいかがでしたか?

 

真中 やっぱり、三拍子、走攻守が揃っていたんでバランスのいいチームですよね。あとは打線ばっかりが注目されますけど、センターラインのディフェンスですよね。

 

野村 うん。

 

真中 二遊間とセンターもそうですし、守備でチームを引っ張っていくというね。緒方監督のコメントでもありましたけど、センターラインが非常にしっかりしていたという印象ですね。

 

野村 うーん。まあ、苦しい1年だったと緒方監督は言っていましたけど、やはり順風満帆には来てないですよね。確かに強かったんですけど。

 

真中 はい。先発では今年は薮田の調子が悪かったり、岡田もそこまで頼りにならなかったりで先発が苦しみましたよね。

 

野村 うん。

 

真中 そんな中で若い選手が出て来たりしながら、チームのバランスを保ったシーズンでしたよね。

 

野村 江本さん、新井も引退ですよ。

 

江本 うーん。まあ、入れ替わりというか層の厚さがね。新井選手も上手く使われていて、普通のチームだったら引退しないでしょうね。弱いチームならね。

 

真中 フフフ(笑) まだまだやってほしいですけどね。

 

江本 まだまだやってほしい。

 

野村 できそうですもんね。

 

江本 うん。だけど、今年はピッチャーがイマイチで心配だったよね。だから、打線で盛り返したということでしょうね。

 

野村 あとはこれからクライマックスシリーズがありますけど、どんな戦いをしますかね?

 

江本 いやぁ、だから、ちょっとクライマックスは嫌だと思いますよ。

 

野村 そうですか?

 

江本 みんな内心はCSをやりたくないなと思ってんじゃないの。

 

一同 ハハ(笑)

 

真中 まあ、優勝チームはやりたくないですよね。2位と3位は楽しみがありますけどね。

 

江本 借金チームが出るなよ。

 

一同 ハハハ(笑)

 

 

以上です。

センターラインと打撃が凄いチームです。

おすすめの記事