2018年10月27日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日の日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークス、第1戦の両チームのリリーフ、特にフランスアと石川柊太を元中日の谷沢健一と元横浜の平松政次がフリーアナウンサーの梅田淳と共に賞賛しています。

 



アナ 平松さん、今日の試合で誰か一人印象に残ったの選手を挙げるなら誰になりますか?

 

平松 まあ、フランスアでしょうね。

 

アナ フランスアですか。谷沢さんはどうですか?

 

谷沢 やっぱり石川であり武田だね。

 

アナ なるほど。では、まずはフランスアを見ていきましょう。

 

【この日のフランスアの投球内容】

2回25球、被安打1、奪三振3、失点0

 

 

アナ このフランスアは何がいいんですかね?

 

平松 これね、最後に153キロか154キロが出ているんですけど。

 

アナ 柳田もビックリ。

 

平松 はい。このキレというか、ノビというかね。このストレートが本当に素晴らしいんですよ。

 

アナ うん。

 

平松 そのあとにはチェンジアップでしょ。

 

アナ はい。

 

平松 なかなかこれだけのいいバッターでもバットに当たらないんですから。

 

アナ ですよね。

 

平松 それぐらい腕の振りもいいですよね。

 

谷沢 でも2戦目以降が楽しみだね。フランスア対柳田がね。

 

アナ 今日25球投げているんですけど、これぐらいであれば2戦目以降も投げられますよね。

 

谷沢 もちろん。

 

アナ 広島はいい選手を獲ってきますね。

 

平松 初め見たときはコントロールが悪かったんですよ。

 

アナ はい。

 

平松 そんなに使えないかなと思っていたら投げる度に成長しましたよね。最後は本当に抑えでいいんじゃないかというぐらいのピッチャーですよ。

 

アナ 谷沢さん、このあたりのスカウティングも素晴らしいですよね。

 

谷沢 うん。育成もしながらね。途中でもヘルウェグというピッチャーも使ってくるんだからね。

 

アナ はい。そして次はホークスです。谷沢さん、石川についてはどうですか?

 

【この日の石川の投球内容】

2回28球、被安打1、奪三振2、失点0

 

 

谷沢 そもそも石川は先発ピッチャーなんですよ。それをこうやって中継ぎに使って西武に迫っていったのは武田であり、この石川の存在ですよ。

 

アナ なるほどねぇ。

 

谷沢 石川の中継ぎでの働きは大きいですよね。特にこのカーブですよね。カーブがバッターにはタイミングが合わないんですよ。

 

アナ 平松さん、本当にカーブを上手く使うピッチャーが多いんですよね。

 

平松 もうキレがいいですよね。外角一杯に曲がって決まるカーブね。

 

アナ はい。

 

平松 このコントロールがいいですし、そして150キロ以上のストレートも投げますからね。

 

アナ パワーカーブを投げると。

 

平松 パワーカーブは今流行っているよね。

 

谷沢 どんなカーブなのか打席に立って見てみたいよね。

 

アナ そうですか。そんな気持ちになるぐらいの。

 

平松 でも先発からリリーフに回って負けなしの5勝しましたからね。だからベンチも試合がもつれた時は石川を出せば絶対に点を取られないということなんですよね。

 

 

以上です。

両チームの中継ぎが強すぎる。

おすすめの記事