2015年にフジテレビの「すぽると」で放送された100人が選んだナンバーワン 変化球部門を紹介します。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



変化球部門 第4位 1人目

小林誠司 落ちるというかなかなかベースまで来ないというか。もう全然来ないです。

 

石原慶幸 ボールが来ないですよね。想像しているイメージよりも。

 

浅尾拓也 若松のチェンジアップですね。

 

第4位1人目は中日・若松駿太のチェンジアップ(7票)。各選手が来ないと表現するチェンジアップでバッターのタイミングを巧みに外す。プロ3年目の2015年シーズンは二桁10勝利を挙げた。

 

菊池涼介 来ると分かっていてもそれよりもう1個遅かったりして。アレっ!っていう感じですかね。

 

 

変化球部門 第4位 2人目

松田宣浩 独特っていうかやっぱり思い切り腕を振ってくるし。

 

増田達至 やっぱりあれだけ腕が振れてバッターから空振りが取れるんで。

 

則本昂大 バッターが本当に真っ直ぐだと思って振りに来て、ボールが止まるみたいな。松井裕樹のチェンジアップ。

 

第4位2人目は楽天・松井裕樹のチェンジアップ(7票)。思い切りの良い腕の振りから繰り出されるチェンジアップにバットは次々と空を切る。防御率は驚異の0点台。守護神として球団新記録の33セーブをマークした。松井のイメージといえば高校時代から投げているスライダーがあるがそのスライダーでも2票を獲得しランクイン。伝家の宝刀スライダーに加え新宝刀チェンジアップ。二十歳の進化は止まらない。

 

変化球部門 第3

福留孝介 真っ直ぐと変わらず目の前に来てストッと落ちるっていう。

 

増井浩俊 150キロに迫るくらいのスピードでそれでいて落差もしっかりあるので。

 

平田良介 どうやったら打てるのかなっていう感じですよね。

 

清田育弘 絶対に打てないなというイメージありますね。大谷君のフォークですかね。

 

第3位は日本ハム・大谷翔平のフォーク(8票)。通常のピッチャーのストレートと変わらない140キロ中盤のスピードをマークしながら手元で急激に落ちる。プロの選手たちもこの高速フォークをとらえるのは文字通り至難の業。

 

炭谷銀仁朗 やっぱり160キロ近い真っすぐを投げていて140キロを超えるフォークですからそれはなかなか見極めは難しいと思うんですけども。

 

中村奨吾 最初に投げた時は全然分からなくて、振ってフォークだったんだと気付くようなボールです。

 

ストレートと見極めが付かないようなフォークは大谷が誇るMAX162キロ(2015年までの自己最速)のストレートにより更に威力を増す。まさに大谷だからこそ投げられる変化球。

 

 

変化球部門第2

西野勇士 なんかギュンっていうか。

 

立岡宗一郎 目線から外れると思うんで。

 

T-岡田 1回浮かされるというか。そういう感じはあります。

 

秋山翔吾 あのボールは厄介だなと思わせられるようなボールです。ソフトバンクの武田投手のカーブじゃないですか。

 

第2位はソフトバンク・武田翔太のカーブ(9票)。186センチの長身から投げ下ろす縦に大きく割れるカーブにバッターはきりきり舞い。2015年シーズンは自己最多の13勝をマークし、チームの日本一に貢献した。その武田のカーブの特徴というのが・・・。

 

立岡宗一郎 あの軌道の球を投げるピッチャーというのは少ないと思うので。

 

西野勇士 なんですかね・・・気持ち悪い軌道ですかね。

 

各選手たちが違いを感じる独特な武田のカーブ。一体どんな軌道を描いているのか。

 

森友哉 普通の人のカーブって1回ポンって浮いて『あっストライク来るな』と思ったのがだいたいストライクなんですけど、武田さんのはそれが全部ワンバンになるんですよ。ポンってきて「あっストライクやなー」と思ったのが全部ワンバンになってどこで始動していいんか、どこから振り始めていいんかちょっと分からない。

 

武田のカーブはバッターの想像さえも超える一級品の変化球。

 

 

変化球部門 第1

藤浪晋太郎 ちょっと変化球の曲がりとキレに関しては格が違うなと思います。

 

菅野智之 ピカイチだと思います。

 

武田翔太 1番エグいなと思います。

 

亀井善行 曲がりが遅いというか手前で曲がってくるんで。

 

福原忍 横に曲がるのと縦に落とすのとか色々と多分変えてるとは思うんですけど。

 

坂本勇人 マエケンのスライダーかな。

 

堂々の第1位は広島・前田健太のスライダー(13票)。プロ野球界のトップを走り続ける前田の最大の武器であるスライダーはもはや魔球の領域。その魔球で2015年シーズンは2度目の沢村賞に輝いた。

 

武田翔太 曲げたい方向に曲げてるイメージなんで。

 

三浦大輔 生き物っていうくらいギューンって逃げていきましたから。生き物のように動いていくよね。どっか行きましたよね、違う所に。とんでもないところを振ってしまいましたね。

 

生き物とまで評される前田の変幻自在のスライダー。2012年以来の2度目の変化球部門トップに返り咲いた。

 

前田健太 (盾を受け取って)やった。これが欲しかったんですよね。まあ、僕の1番の自信のあるボールですし1番大事にしているボールなので。その変化球で選手から評価してもらって1位で選んでもらったので自信になりますし凄く嬉しいです。

 

そして、変化球部門1位の前田自身が選ぶ2015年シーズンのベスト変化球はこれだ。

 

前田健太 大谷翔平を見逃し三振に取ったスライダー。

 

2015年6月2日広島VS日本ハム。大谷翔平に投じたこのスライダー(見逃し三振の映像)。大谷が手が出ないほどの変化で見逃し三振に切って取った。

 

前田健太 そのあと翔平とも話してボールに見えたと言ってもらえたので良いスライダーだったのかと思います。ファンの人も喜ぶと思うので大谷翔平に投げたスライダーで。

 

投手球種票数
1位前田健太スライダー13
2位武田翔太カーブ9
3位大谷翔平フォーク8
4位松井裕樹チェンジアップ7
4位若松駿太チェンジアップ7

 

その他の100人が選ぶナンバーワン

 

以上です。

マエケンと言えばスライダー。

おすすめの記事