2015年にフジテレビの「すぽると」で放送された100人が選んだナンバーワン 走塁部門を紹介します。ナレーターと選手の語りと共に進行します。最後にスタジオになります。

 



走塁部門 5

明石健志 上手いというよりも凄いと思う。

 

森唯斗 スピードに乗ってからが凄いなと思います。

 

内川聖一 あいつ速いっすよ。やっぱり。柳田かな。

 

第5位はソフトバンクの柳田悠岐(8票)。2015年シーズンはリーグ2位の32盗塁を決めトリプルスリーを達成。持ち味のフルスイングばかり注目されがちだが抜群の走力も持ち合わせている。

 

今宮健太 あの足の速さっていうのは凄く魅力的なものがあるしスタートが遅れても盗塁でセーフになる凄さっていうのは凄いなと思います。

 

 

走塁部門 第4

西勇輝 凄いちょこまかしているイメージなので。

 

中村剛也 打ってから速いなってと思います。

 

松田宣浩 足を使ったバッティングっていうんですかね。中島君ですね。

 

第4位は日本ハムの中島卓也(11票)。2015年シーズンは34盗塁をマークし、パ・リーグ盗塁王を獲得。更に中島の凄さは盗塁数だけではない。

 

伊藤光 打ち取った当たりをヒットにされるということが1番バッテリーとしては苦しく。

 

牧田和久 打ち取ったショートゴロの当たりでも普通に内野安打にされてしまったことがあったので。

 

驚くべきは内野安打の数。2015年シーズン放った136安打のうち実に25%の35本がその俊足で稼いだヒットだった。

 

 

走塁部門 第3

大和 盗塁のスタートがいいからあれだけの盗塁が出来てるわけですし。

 

中村悠平 ピッチャーのモーションを盗んだりとかね。

 

前田健太 まあ、今までバッティングに目が行きがちでしたけど2015年は盗塁っていうのもたくさん走ってましたし。

 

川端慎吾 盗塁の技術が凄い上がって上手になってるなと思いました。ヤクルトの山田君です。

 

第3位はヤクルトの山田哲人(12票)。2014年の15盗塁から34盗塁と倍以上に数を伸ばしリーグ盗塁王に輝いた。この飛躍的な成長を支えたのが盗塁のスタート技術の向上。2015年シーズン、それを象徴するシーンがあった。2015年9月5日の広島との一戦。ランナー1塁の山田に対しマウンド上には黒田。執拗にけん制を入れる黒田。

 

【10回もけん制を投げるシーンが早送りの映像で流れる】

 

1イニングに同じランナーになんと10回のけん制。そして、山田は超厳戒態勢をかいくぐり盗塁を決めてみせた。一方、警戒をしながらも盗塁を許した黒田は試合後。

 

黒田博樹 まあ、当然走ってくるとは思ってましたし、その中でやっぱり走力がある選手なんでね。何とか2塁に行かれないように努力しましたけど、やっぱりあれだけの選手なのでしっかり盗塁を決められましたけどね。

 

 

走塁部門 第2

石川歩 ヨーイドン!で走ったら1番速いかなと思うんで。

 

駿太 走るということに関してはホントにとにかく足が速いっていうイメージがあるんで。

 

則本昂大 まあ、色んなものを含めて走塁をしたときにいい選手だなと思います。

 

栗山巧 マジでいくと日本ハム西川選手。

 

第2位は日本ハムの西川遥輝(16票)。2014年盗塁王に輝いた快足で2015年はリーグ3位の30盗塁。球界トップクラスの走塁技術を持つ西川。その中でも際立ったプレーがあるようで。

 

松井裕樹 外野のあいだを抜けたらその時点でなんか3塁は余裕で1回ホームまで来そうなことがあって。どんだけ速いんだ・・・と思いましたね。

 

栗山巧 3塁打の速さなんかはちょっと、速え~って感じですよね。ちょっとちゃうと思いますね。

 

2015年シーズン12球団トップの3塁打を放ったのが西武の秋山で3塁への到達タイムは11秒03。対する西川はなんと10秒68。打ってから驚異的なスピードに乗り3塁を陥れる姿はまさに球界随一のスピードスター。

 

 

走塁部門 第1

福原忍 絶対に走るやんと思いながら投げてますし。絶対にセーフになるやがな。

 

山崎康晃 意識してなくても勝手に気にしてしまうのでバッターにも影響が出たりっていうのはありますね。

 

藤井淳志 分かりきった場面で出てきて分かりきった場面で走るんで。

 

福留孝介 やっぱりスタートも良いし状況判断も上手いし。そういう意味では彼が今1番走塁としては良いんじゃないですか。

 

戸村健次 その道のスペシャリストといいますか。

 

藤浪晋太郎 1番足のプロフェッショナルだなと思います。

 

阿部慎之助 警戒されている中で走るしスゲ~なと思う。俺にあの足があったらなと思うよ。

 

三浦大輔 もうダントツじゃないでしょうか。

 

【ここからスタジオに戻る】

 

アナ 走塁部門第1位は巨人の鈴木尚広選手です。おめでとうございます。1/100史上初の3年連続受賞となりました。やっぱり嬉しい気持ちは強いですか。

 

鈴木尚広 やっぱり選手間の投票ですので何よりも嬉しいです。

 

選手票数
1位鈴木尚広-
2位西川遥輝16
3位山田哲人12
4位中島卓也11
5位柳田悠岐8

 

その他の100人が選ぶナンバーワン

 

以上です。

この頃まで鈴木は凄かったですね。

おすすめの記事