2018年7月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦でいい働きをした北海道日本ハムファイターズの鶴岡慎也について元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



アナ 日本ハムが7月初勝利しましたね。

 

岩本 ちょっと苦しんでいたんですけどね。今日、僕は現場でこの試合を見ていたんですけど、野球用語で『扇の要』ってよく聞きますよね?(※この日のアナウンサーは新人なので教えてあげている感じ)

 

アナ はい。聞いたことがあります。

 

岩本 うん。その扇の要がしっかりしているとチームに勝利をもたらすというシーンがあったんですね。(2-1で日ハムがリードしている)5回裏の1アウト1-3塁の場面なんですけど。

 

アナ はい。

 

岩本 先発の加藤がちょっとフラフラしがち。そして、5回といえば勝利投手の権利が懸かっている凄くデリケートなイニングなんですよね。そこで相手が1-3塁でスクイズをしてきてバッターが空振りをした。そして、キャッチャーの鶴岡が空振りをした後にサードランナーをまず確認。(※この時、サードランナーは慌てて3塁に帰って投げてもセーフのタイミング)

 

アナ はい。

 

岩本 その確認をした時に右目でも飛び出しているファーストランナーを確認しているんですよ。それで、セカンドがファーストにベースカバーに入ってくる距離も、そして自分のスローイングの力加減も全て計算をして、しっかりとストライクを投げてアウトを取る。その後にはすかさずピッチャーのところに行き、笑顔ですけども、けっこう厳しい言葉を掛けていたはずなんですよ。「ここ2アウト、ここで抑えきらなきゃお前の真価はしっかりと表現できないぞ!お前に任せたぞ!」というようなしっかりと言葉を掛けていた様子なんですね。

 

アナ はい。

 

岩本 まあ、扇の要がしっかりとしているチームがやはりそのクロスゲームをものにする。

 

アナ うん。

 

岩本 それがスゴく分かりやすいゲームだったんですね。

 

アナ はい。

 

岩本 (カメラ目線で)鶴岡選手、グッドジョーブ!

 

アナ はい(笑)

 

 

以上です。

ガンちゃんが熱弁していました。やっぱりキャッチャーがしっかりしていると守備が締まるというのはありますね。鶴岡は打つ方も7月8日の試合終了時点で2割8分9厘とかなり貢献しているので欠かせない扇の要ですね。

おすすめの記事