2019414日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で見事なリリーフで414日現在で未だに無失点の阪神タイガースの新外国人助っ人ピッチャー・ピアース・ジョンソンについて元南海阪神の江本孟紀と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に解説しています。

 



アナ 阪神が連敗を4で止めました。

 

岩本 はい。阪神は勝つのは勝ったんですけど、阪神ファンの方の気持ちを考えると、もうドリスが・・・ドリスが・・・。ド・ド・ドリスの大乱調♪

 

 

アナ はい()

 

岩本 ドキドキするシーンがありましたけどね。まあ新助っ人外国人投手のジョンソンがいいカーブを投げるんですよ。江本さん、あのカーブは鋭いですね。

 

江本 このピッチャーはだいたいコントロールがいいですよ。投げ方からして今どきのアメリカで流行りの投げ方ですよ。どっちかと言うと野手投げ。

 

岩本 なるほど。でもこの変化球に対してよくパワーカーブとかそういう球種名を使う人がいますけど。 

 

江本 ジョンソンが投げてるのはかなりの抜きカーブですよね。

 

岩本 そうですか。

 

江本 今の人は手首だけじゃカーブは投げられないんで。

 

岩本 はいはい。

 

江本 カーブの抜き方を上手いことやってる。

 

岩本 でも腕の振りの鋭さが、真っ直ぐのときとカーブのときと、緩みなく鋭い腕の振りでバッターがスゴく嫌がるんじゃないかなと思うんですけどね。

 

江本 うんうん。まあコントロールがいいからね。この試合でもやっぱりストライクからボールになる球を投げてましたけど、ああいう球をちゃんと勝負球で投げられる。このジョンソンは今後も期待できるんじゃないですか。

 

岩本 はい。

 

ジョンソンのプロフィール

1991年5月10日生まれ 27歳

188センチ 91キロ 右投右打

ミズーリ州大-カブス-ジャイアンツ-阪神

 

 

以上です。

中継ぎで消耗させるより先発をさせた方がいいかも。

おすすめの記事