2018年9月12日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦に快勝した福岡ソフトバンクホークス。SBの組織力とブレイク中の牧原大成について元横浜の高木豊、元近鉄西武の金村義明、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 ソフトバンクが4連勝です。首位西武とのゲーム差が3となりました。

 

野村 はい。豊さん、ソフトバンク打線が爆発したんですけど、今日は先発の辛島から8本ヒットを打っているんですけど、6本が全て逆方向なんですよ。

 

この日のSB打線vs.辛島

8安打中6安打が逆方向

引っ張ったのは柳田のカーブ2本のみ

 

 

高木 そうですね。それはもうチームの狙いがありますよね。

 

野村 それは方針ですかね。

 

高木 うん。だから、それを確実にできる技術があるということですよね。

 

野村 選手個々にですよね。

 

高木 はい。だから、そういった意味ではチームが乗ってきたという。チームが一つになってきていますね。

 

野村 なるほど。金村さん、やっぱりそうですかね。

 

金村 そうですねぇ。8月の連勝から気が付けば、もう直接対決を前にして3ゲーム差まできてるというのは西武からすると不気味ですよねぇ。

 

野村 そうですよねぇ。

 

金村 勢いを感じますしね。今日は13点も取っていますしね。

 

野村 うーん。

 

金村 だから、見ている方はまた面白くなってきましたよね(笑)

 

野村 我々としては楽しませてもらっていますよね。

 

 

ここから牧原の話題

 

【この日の牧原の打撃内容】

1打席目 ピッチャーゴロ

2打席目 セカンドゴロ

3打席目 ショート内野安打

4打席目 空振り三振

5打席目 レフト前ヒット

6打席目 レフトファールフライ

シーズン打率.348 (9/12の試合終了時点)

 

 

野村 そして、1番に入っている牧原です。48試合中、24試合でマルチ安打なんですよね。これまたソフトバンクからいい選手が出てきましたよねぇ。

 

高木 そうですよね。こうやって1番バッターが出塁することによって、柳田のモチベーションにも繋がりますよね。打点に繋がる、勝利に繋がるということで。

 

野村 うーん。

 

高木 だから、ちょっと話がズレるかもしれないですけど、西武と対戦するときに柳田をマークするよりも、牧原をマークしないといけないですよね。

 

野村 はい。

 

高木 絶対にそうなりますよ。

 

野村 そうなりますよね。

 

高木 そうやらないと西武は勝てなくなりますよ。

 

野村 金村さんはこの牧原をどう見ますか?

 

金村 もうウエスタン・リーグでスゴいというのはね、有名だったんですよ。

 

野村 おぉぉ。

 

金村 だから、じっくりとじっくりと力を付けて1軍に上がって、今やもうレギュラーを手中に収めましたよね。

 

野村 はい。

 

金村 だから、順調に育っていくソフトバンクの育成のスゴさを改めて感じますよね。

 

野村 はい。

 

高木 何かイチローが出始めの時に内野安打が多かったんですけど、ちょっと似ているような共通点がありますよね。

 

金村 ウエスタン・リーグではもっと内野安打ばっかりでね。だから、全部インサイドアウトでバットを出して、インコースでもアウトコースでも三遊間に計ったように打つでしょ。

 

高木 うん。

 

金村 この選手はスゴいですよね。

 

野村 7月から出てこの成績ですからね。まだまだ続きそうですね。

 

稲村 はい。

 

 

以上です。

牧原がスゴいです。

おすすめの記事