2018年12月にスカパーがツイッターで配信した「落合博満のオレ流野球談義」で落合博満が印象に残っているサヨナラ打と今と昔の野球の違いを語っています。タレントの倉持明日香とお笑い芸人のレッド吉田と共に語っています。

 



落合 斎藤雅樹からのサヨナラホームランを言われるけど、あれよりも自分の中でもっと印象深いサヨナラ打ってあるんだよ。

 

吉田 えっ、何ですか?

 

落合 ロッテ時代に川崎球場で当時日本ハムの高橋一三さんが8回までゼロに抑えてたの。

 

吉田 はい。

 

落合 それで9回裏に先頭バッター俺。

 

吉田 はい。

 

落合 ホームランを打ったの。その試合は7点負けてたのかな。それから延々続いて、最後に江夏さんが出てきて、俺がライト前にサヨナラヒットを打って試合をひっくり返した。俺で始まって俺で終わったっていう試合。

 

吉田 9回裏に一気に逆転した?

 

落合 そう。

 

吉田 でもその時って9回裏で負けだなと思って打席に入ってるわけですか?

 

落合 負けも何も当時はポッと出たてというか、これからレギュラー獲らないといけない時期だった。

 

吉田 何年目ですか?

 

落合 何年目だろう・・・江夏さんがもう日ハムにいたからね。だから3年目ぐらいかな。それで江夏さんとすれ違いざまに「余分なことをしやがって」って俺言われたもん(笑)

 

吉田 へぇー。それもやっぱり落合博満というバッターの自信にもなったシーンですよね。

 

落合 だから、若い時にゲームで使ってもらわなきゃいけないとか、何点負けてるとかは一切考えてなかった。

 

吉田 とりあえず自分の打席に集中すると。

 

落合 俺が次の日にゲームに出るためには7-0でも8-0でも負けは負けなんだけども、俺は凡打しちゃいけないんだ。打ってはじめて俺の仕事があるんだって、みんなそうやって考えていかなきゃいけないんだけども、今の人ってサラッと帰っちゃうでしょ。そこに執念がないもん(笑)

 

 

吉田 なるほど。1球に対する執念、ヒットに対する執念がないと。これは昭和の野球と平成の野球の違いかもしれませんね!

 

落合 それと一番の違いは、今の登録抹消期間は10日間でしょ。

 

吉田 はい。

 

落合 あの当時は3週間だからね。21日間ファームに落ちたら戻ってこれない。

 

吉田 1軍での試合感も鈍りますよね。

 

落合 当時はレギュラーが怪我しても抹消しないんだもん。だから、1軍のベンチにいることがどれだけ大変だったのかっていうのを今の人は知らないと思う。

 

吉田 なるほど。1軍にいられるありがたみをちゃんと考えろということですね。

 

落合 ピッチャーもそうですよ。1球たりとも気は抜いていなかったと思う。その1球で、お前明日からファームって言われたら3週間帰ってこれないんだから。

 

吉田 登録抹消というのは2週間というのもあったんで、段々減っていったんですね。

 

落合 そうだね。

 

吉田 危機感が今と昔では全然違うんですね。

 

落合 だって、今の契約更改って、話し合いになるんでしょ。俺らの時は交渉に行ったら既に契約書に数字が書いてあるんだもん。「ここにハンコ押して帰れ」、「ダメだったらお前は来なくていい」って言われるんだもん(笑)

 

吉田 落合さんが初めての1億円プレイヤーですもんね。

 

落合 そういう時代ですよ。

 

 

以上です。

落合の若い頃は交渉の余地なし。

おすすめの記事