2018年8月26日vs.読売ジャイアンツ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです

 



【試合展開】

阪神の先発は飯田、ヤクルトの先発は今村で始まる。飯塚は初回から岡本にタイムリーを打たれて先制される。3回表には大山が2点タイムリーで逆転。しかし、3回裏に飯田が捕まり岡本にホームランなどを浴びて3失点で2点差。4回表に梅野がソロホームランを打ち1点差。4回裏に坂本と山本のタイムリーで2点を追加される。更に5回裏、6回裏にも1点ずつ追加され5点差で終盤を迎える。阪神は完全に負けムードでしたが8回表に巨人の澤村などを打ち崩し一挙に6点を取り大逆転。最後はドリスが締めて9-8で阪神が勝利。G+とABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いています。

 

【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ 劣勢の状況からよく勝ち越しました。

 

金本 そうですね。まあ、本当に選手に感謝というか、よくやってくれました。

 

アナ 8回の攻撃では梅野の2本目のホームランから少し雰囲気が変わったんでしょうか?

 

金本 あれで2点入りまして、3点差になったところで、ひょっとしたらという思いもあったんですけど、現実にそうなってくれて、本当によくやってくれました。

 

アナ 途中出場の俊介選手、そして伊藤隼太選手がよく打ってくれましたね。

 

金本 そうですね。特に隼太が左投手が相手でしたけど、初球の甘いところをね。2アウトから一打逆転というところでなかなか打てないもんですけど、本当に思い切り良く打ってくれました。

 

アナ このところ点が取れない試合がありましたけども、今日は2桁安打の9得点についてはいかがですか?

 

金本 まあ、昨日(8/25)と一昨日(8/24)は菅野とメルセデスがあまりにも良すぎたんでね。その中でそんなにチームとしては打つ状態は悪くないと思っていたんで、今日は本当に期待していたんですけど、期待通りにやってくれました。

 

アナ 左手に死球が当たった糸井選手が気になるのですが、どうなんでしょうか?

 

金本 さっき居たので恐らく骨の方は大丈夫だと思います。ちょっと心配は心配ですね。

 

アナ さあ、これで長期ロードを五分で終えて終盤戦に向かいます。今後の戦いへの意気込みをお願いします。

 

金本 今日は本当にこういう勝ち方ができたんで、今年は地元で甲子園であまり勝てていないんで、何とか甲子園で勝てるように頑張っていきたいと思います。

 

 

【その後の金本監督のコメント】

―打撃好調の梅野について

金本 片岡ヘッドコーチとオフに相当振り込んできた。片岡コーチも嬉しいんじゃないかな。どこが変わったかというと、いいポイントで打てるようになった。今まで突っ込み気味だったんだけど、いいポイントで前で、バットの出が良くなった。もともとパワーがあるのでコツさえ掴めばというところだった。

 

―8回表に俊介の場面について

金本 俊介のところで代打も一瞬、伊藤隼太がよぎったけれども、フォアボールがあるかもしれないので、俊介の次のところで代打に伊藤隼太でいきました。その俊介も詰まり気味だったけれども、あれこそスローガンの執念のヒットだよね。

 

―死球で途中交代となった糸井について

金本 (病院から帰ってきて姿は確認済みで)細かいことは分からないけれども、大丈夫じゃないかな。

 

 

以上です。

奇跡的な逆転でしたけど、それよりも梅野の1球外しが衝撃大きすぎました。

おすすめの記事