2018年10月18日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でパ・リーグ、クライマックスシリーズのファイナルステージ、埼玉西武ライオンズvs.福岡ソフトバンクホークスの2戦目、13得点と猛打爆発の西武で特に光った源田壮亮と栗山巧の打撃について元中日の谷沢健一、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の野村弘樹がフジテレビアナウンサー内田嶺衣奈と共に語っています。

 



源田と栗山の打撃内容

源田中安右安(打点1)左安(打点1)左飛三邪飛
栗山右本(打点3)四球空三振一安(打点1)中安(打点1)

 

アナ 2番の源田選手はスゴい活躍でした。

 

谷沢 源田は1回、2回、3回に打席が回ってきて右へ左へ、いい場面でタイムリーを含めて2打点ですから止まらないですよね。苫篠さん、今日はミランダに対して、左バッターが4本打っているんですよね。それだけミランダを攻略したというね。

 

苫篠 そうですね。初めて対戦した試合では先乗りスコアラーからの報告とは逆のピッチングをされているんですよ。

 

谷沢 うん。

 

苫篠 それでもっともっと真っ直ぐで押してくるのかと思ったらチェンジアップとかのコントロールがいいんですよね。そういう中で数多く対戦することによって、このピッチャーはこういう対策が必要なんだというのが頭にしっかりと入ったバッティングをしていますよね。

 

谷沢 野村さん、左バッターに対するインサイドへのチェンジアップがあまり有効に働かないように感じるんだよね。右バッターにアウトコースのチェンジアップはいいと思うけどね。

 

野村 そうですね。

 

アナ 今日は源田選手も凄かったんですけど、栗山選手の6打点の活躍も光りました。6打点というのはパ・リーグCSタイ記録です。

 

谷沢 苫篠さん、1打席目のホームランは追い込まれてのチェンジアップをライトスタンドに運びました。

 

苫篠 そうですね。気持ちという部分も西武の全選手の中で、対ソフトバンクに一番燃えている男なんですよね。ソフトバンクを叩かないと優勝はないと以前から発言していましたし、以前はキャプテンを務めていましたしね。

 

谷沢 うん。

 

苫篠 やっぱり栗山が一番気持ちが出ていて、チームを引っ張ってくれたと思いますね。

 

谷沢 野村さん、10年前に西武が日本一になった時に栗山は活躍したんですよ。

 

野村 今日のヒーローインタビューでも「1打席目のホームランが嬉しいです」と本人が言っていましたけど、なかなかヒーローインタビューでああいうことを言う男ではないんですよ。

 

谷沢 うん。

 

野村 それぐらいあの打席は集中していたと思うし、ホームランの前の球ではけっこうチェンジアップもタイミングを外されていたんですよね。

 

谷沢 うん。

 

野村 そのあとにあのチェンジアップを打てたというのが本人にとっても手応えがあったし、嬉しかったんじゃないですかね。あれは本音だと思いますね。

 

 

以上です。

キャプテンが打つとチームが乗ります。

おすすめの記事