2018年10月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のパ・リーグ、クライマックスシリーズ、ファーストステージ第3戦の福岡ソフトバンクホークスvs.北海道日本ハムファイターズで日本ハムの敗因の1つ目、真っ直ぐ狙いについて横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の平松政次と高木豊がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



高木 平松さん、日本ハムは先発の杉浦から井口に投手交代があったじゃないですか。

 

平松 はい。

 

高木 あのシーンというは早め早めに手を打ってくるというのは分かっていたんですけど、どう思われました?

 

平松 杉浦を早めに交代したのはいいと思いますよ。もちろん2本ホームランを打たれ、デスパイネにホームランを打たれて中村にもいい当たりをされて。

 

高木 はい。

 

平松 まあ、限界だなというのがあったと思います。

 

高木 なるほど。

 

平松 まあ、リリーフ陣はたくさんいますからね。

 

高木 はい。

 

平松 今日はファーストステージの3戦目で終われば2日間ぐらい休めるんでね。

 

高木 はい。

 

平松 そういうところで今日は全員使っていこうということでね。投手交代自体は間違ってないと思う。

 

高木 なるほど。ただ大矢さん、キャッチャーからすると、先発の杉浦も真っ直ぐ主体のピッチャーじゃないですか。

 

大矢 うん。

 

高木 次の井口も真っ直ぐ主体でだいたいそうなんですよね。

 

大矢 そうですね。

 

高木 だから、同じ系統のピッチャーを並べたというところはどうですか?

 

大矢 並べざる負えなかった。

 

高木 そうですか。

 

大矢 うん。やっぱり3戦目で負けたら終わりのゲームなんで、栗山監督はこれと思ったピッチャーをその場面で投入したんですけど、ソフトバンクと違って、出したピッチャーが役割を果たしてくれなかった。

 

高木 なるほど。まあ、日本ハムのパターンですもんね。

 

平松 まあ、今日の計算違いはトンキンですよ。1点差まで詰め寄ってトンキンが抑えてくれて何とかしようという感じだったけど、トンキンがバカバカっと打たれたでしょ。

 

高木 そうですね。

 

平松 デスパイネと中村にね。あの計算違いは栗山監督も『しまった』と思ったでしょうね。

 

高木 そうですね。

 

平松 しかし、今年は栗山監督の日本ハムはよく頑張ったわ。

 

高木 はい。

 

平松 それは言える。

 

高木 本当に頑張りましたね。

 

敗因の2つ目はこちら

 

以上です。

日本ハムはよく頑張りました。

おすすめの記事