2018年10月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のパ・リーグ、クライマックスシリーズ、ファーストステージ第3戦の福岡ソフトバンクホークスvs.北海道日本ハムファイターズで日本ハムの敗因の2つ目、強行策について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の平松政次と高木豊がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



高木 大矢さん、日本ハムは7回表に3点ビハインドでノーアウト1-2塁がありました。

 

大矢 はい。

 

高木 それで田中賢介はそんなに当たってない。前の打席も三振してた。それで対するソフトバンクの左ピッチャーの嘉弥真。

 

大矢 はい。

 

高木 このとき大矢さんが監督だったらどんな指示を出します?

 

大矢 僕なら打たせます。

 

高木 やっぱり打たせますか。

 

大矢 はい。何故かと言うと、田中を出したのはその前の打席からピンチヒッターで出していたんですよね。

 

高木 はい。

 

大矢 やはりベテラン田中ということでね。この打席は三振なんですけど、ソフトバンクバッテリーの甲斐とカヤマは三振を取る前の空振りの1球をスライダーで取ったんですね。

 

高木 そうですね。

 

大矢 それで少し間を空けているんですよ。それで同一球で勝負しにいくときというのはあの間が必要なんだよ。

 

高木 うん。

 

大矢 だから、あの間を甲斐と嘉弥真が上手く取ったなと思って少し長かったんです。

 

高木 へぇ。

 

大矢 それでバッターが思わず手を出してくれたんじゃないかと思うんだけど、僕ならあそこは打たせると思います。

 

高木 強行策はしょうがないと。

 

大矢 はい。3点ビハインドだったんでね。

 

高木 平松さんは打たせることについてはどうですか?

 

平松 私はバントだなと。

 

高木 うーん。

 

平松 田中はベテランだから、ベテランにバントをさせたということでチームの士気が上がってくるんで。

 

高木 なるほど。

 

平松 あそこで1点でも2点でも取れば、またソフトバンクにとってはまた非常に苦しいゲームになりましたよね。

 

高木 なるほどね。

 

平松 まあ、結果はこうなっていますけど、やっぱりバントだったじゃないかなと。

 

高木 まあ、色んな考え方がありますよね。どれが正解かというのは勝ったチームが正解なんですよね。

 

衛藤 はい。

 

高木 まあ、短期決戦では色々と難しいですよね。

 

敗因の1つ目はこちら

 

以上です。

あそこで三振したのが日ハムにとっては痛かったです。

おすすめの記事