2018年6月8日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.SB戦で古巣から今季3勝目をあげた中日ドラゴンズの松坂大輔のピッチングについて横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の平松政次、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の松坂の投球内容】

5回104球、被安打3、奪三振6、四死球4、失点1

今季3勝3敗 防御率2.41 (6/8の試合終了時点)

 

 

アナ 注目の千賀投手との投げ合いは松坂投手に軍配が上がりましたが、その松坂投手は古巣との対戦を「いつも通りと思った時点で意識していたんでしょうね」とコメントをしました。

 

大久保 素直なコメントですよね。

 

アナ そうですよね。

 

大久保 大矢さん、松坂のピッチングをご覧になってどうですか?

 

大矢 逃げないよね。それがやっぱり、1番凄いと思うところ。それで今日はけっこう守備でミスが出たじゃないですか。

 

大久保 出ていました。エラーされたりですね。(※初回にビシエドがエラー、2回にゴロ処理をお見合いでエラーにならないミス、4回に京田がトンネルのエラー)

 

大矢 若手のミスを自分が向かって行く気持ちで凌いでいきましたよね。

 

大久保 そうですね。確かに逃げてないですよね。

 

大矢 そうなんですよね。

 

大久保 平松さんは今日の松坂どうですか?

 

平松 やっぱり、松坂が逃げたら画にならないもの。それで、オールスターでは恐らくファン投票の先発部門でトップで選ばれるでしょう。

 

大久保 そうでしょうね。

 

平松 ファンが松坂のこのピッチングを見たいと。逃げないピッチングを見たいというところのピッチングを今日しました。

 

大久保 森監督もキャンプの時に「客寄せパンダとして獲ってないよ」って言ってたんですよね。

 

平松 フフフ(笑) そりゃそうでしょ(笑)

 

大久保 「使えるよ」って言ってました。

 

平松 うん(笑)

 

大久保 森監督は僕のライオンズ時代の先輩なんで正直に言ってくれたなっていう。

 

 

以上です。

松坂はソフトバンク相手ですから意識せずともやはり力が入ったりはあったかもしれませんね。とにかく球数の多いピッチングでギリギリ凌ぐのはさすがです。危なっかしいように見えて抑えるのは松坂だからできるテイクニックなんでしょうね。いつか暴発するかもしれませんけど。

おすすめの記事