201949日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で終盤に75点差の場面からリリーフが崩れて大逆転負けを喫した横浜DeNAベイスターズの中継ぎについて横浜OBの斎藤明雄と野村弘樹が語っています。

 



野村 斎藤さん、心配なのがDeNAです。試合の終盤でリリーフが崩れました。

 

斎藤 そうですねぇ。

 

野村 エスコバー、三上、パットン。まあ山崎のは可哀想なところがありましたけどね。

 

斎藤 仕方ないかなと思うんですけどね。何かね、甲子園の開幕で雰囲気にやられた感じですよ。ボールを全然コントロールできてないし、ボール先行になってしまって守りに入ってしまった。攻めるピッチングができてない。

 

野村 うーん。

 

斎藤 三上なんかは特にそうですよね。神宮でのヤクルト戦でもスライダー、スライダーでボール先行して苦しいマウンドだったんですよね。その次の登板は良かったんだけど、今日もまたスライダーで。

 

野村 はい。

 

斎藤 そしてパットンに関しては去年に比べてボールの走りが全くダメ。もともと左肩を開いて投げるピッチャーなんだけど、開きが早すぎてボールを早く見せてしまって打たれている。次の山崎の場合は山崎を責めるんじゃなくてソトの守備ですよね。

 

野村 そうですよね。だから、もともと先発の頭数が揃わない中で今日の先発の上茶谷もよく粘ったんですよね。

 

斎藤 そうですよね。

 

野村 だから開幕前から考えられていたブルペン陣は大丈夫だろうというのがありましたけど、789回のリリーフ陣が良かったり悪かったりなんですよね。

 

斎藤 そうなんですよね。日によって波が激しい。ちょっと三浦ピッチングコーチも頭を悩ませてるかなという感じがしますけどね。

 

野村 うんうん。

 

斎藤 まあ今日は三嶋が投げてないというのがあるんですけど、そのへんでパットンと三嶋の配置転換してもいいのかなという感じがしますよね。どうしても1イニングにこだわり過ぎてる。極端に言うと、今日のゲームは絶対に勝つんだったら一人一殺でいって、まだピッチャーが残っていたから。

 

野村 うん。

 

斎藤 9回は山崎という絶対的なものがあるので、そのへんでもう一回整理。

 

野村 シャッフルが必要かもしれないと。

 

斎藤 そうした方がいいと思います。

 

野村 分かりました。

 

 

以上です。

ソトの変な守備がなければ勝ってたんでしょうけどね。さすがに一人一殺でいっとけというは結果論。
おすすめの記事