2019619日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で交流戦通算200打点を達成した埼玉西武ライオンズの中村剛也について元近鉄西武の金村義明、元阪神ダイエーの池田親興、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



中村のヒーローインタビューの一部

中村 前のバッターが繋いでチャンスで回ってきたんで、何とかランナーを返すことだけを考えていました。連勝できるように明日また勝てるように頑張っていきたいと思います。

 

 

金村、池田、真中が語る

この日の中村の打撃内容
1打席目 センターフライ
2打席目 ピッチャー内野安打
3打席目 ライトホームラン(打点2)
4打席目 センターホームラン(打点2)
シーズン打率.248(6/19の試合終了時点)
交流戦通算200打点!

 

衛藤 西武が中日に逆転勝利で3連勝となりました。

 

真中 はい。今日は中日サイドに不運なプレー、判定もあったんですけど、まあ中村剛也ですよね。金村さん、バッティングがとんでもないですね()

 

金村 そうですねぇ。中村剛也は交流戦のイメージが物凄く強いんですよね。

 

真中 はい。

 

金村 交流戦から『おかわりくん』が流行ったみたいなね()

 

真中 はいはい。

 

金村 そんなイメージが物凄くありますね。

 

真中 本当に勝負強いですよね。

 

金村 そうですよね。

 

真中 池田さんはこの中村剛也についてはどうですか?

 

池田 打線の後ろにいると怖いんですよ。

 

真中 6番ですからねぇ。

 

池田 この辺の打順で出てきたら怖いですよね。ランナーがいたら勝負を避けたくなるんですよね。相手チームにとっては非常に怖いですよね。

 

真中 そうですね。ちなみに外崎のバントで中日が意見書を提出したそうです。

 

金村 与田監督は審判と相性悪いですよね。

 

真中 なんかそういうプレー、判定が多いですよね。

 

金村 それは感じますね。

 

真中 今後どうなっていくかですね。

 

 

以上です。

おかわりは相変わらず凄い。
おすすめの記事