2018年12月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース 年末大反省会」が2018年シーズンの阪神タイガースの低迷を田尾安志、金村義明、真中満、岩本勉、江本孟紀、高木豊、デーブ大久保、笘篠賢治がアナウンサーと共に語っています。

 



アナ 田尾さん、どうでしょう?

 

田尾 ロサリオねぇ。

 

アナ 解説人生の中で最高の打者だと。

 

田尾 はい。思ってました。平松さんが外のスライダーを追い掛けるんで打てないとお話されていましたが、バッター目線だと直せるんですよ。それを直しきれずに終わった。それで矢野監督が1軍監督になりましたけど、2軍の監督を今年やられて、2軍でロサリオを見て良くなってきたという話を聞いたんですよ。

 

アナ はい。

 

田尾 だから、もしかすると矢野監督が1軍監督になったので、もう1年残すかもしれないそして矢野監督で直してくれるかもしれない、と思ったんだけど我慢できなかったですね。

 

アナ なるほど。

 

田尾 だから、僕の予想が大外れで終わっちゃいました(笑)

 

アナ 金村さんはいかがでしょう?

 

金村 いや、僕も田尾さんと一緒で何度も一緒に謝っております。

 

一同 (笑)

 

金村 僕もロサリオはキャンプでは素晴らしいと思いました。シーズンに入ったら別人でしたからね。軸足がこれほどズレるのはキャンプではほとんどなかったです。ほとんどっていうか、一度も見てないですから、これは本物だなと思いましたけど、こうもモロに崩れていくもんかなと(笑)

 

アナ はい。

 

金村 それでやっぱり直りそうで直らなかった。東京ドームの看板に当てて100万円貰ったら普通は乗っていくんですけど、当てたあとから15打数ノーヒットってちょっと考えられないですよ。

 

一同 (笑)

 

 

金村 ただ、性格は抜群にいいと。人が打ったら自分のこと以上に喜んでる。

 

田尾 ちょっと言い訳させてもらえる?

 

アナ どうぞ。

 

田尾 やっぱり金本監督の接し方が厳しかったかな。だから藤浪にしても、他球団だったら今年は早めに復活できたかもしれないな。だからちょっと厳しい躾というか、昔の監督ってそういう人が多かったけど、そこが上手くハマらなかったんじゃないかな。

 

金村 でも3年目を迎えて4位2位ときて、今年のこの補強を見て、ロサリオの金額も見て、韓国での実績を見たら、もう優勝しかないぞと。金本監督本人も「今年が3年間で一番強い」と手応えを感じてると言ってたんですけど、最後の方は田中邦衛にしか見えなかったですね。

 

一同 (大爆笑)

 

金村 もう孤独になって、一人で。もうそうなったら見事に。これは真中さんに聞いたら分かると思うんですけど。

 

真中 何で僕に振るんですか(笑)

 

金村 ズルズルっと坂道を転げるような感じが。

 

真中 まあ、チームが沈んだときにはなかなか立て直すのは難しいですからね。金村さんね(笑)

 

金村 本当に難しいと思います。

 

アナ 豊さんはどうですか?

 

高木 うーん。もう泥沼に入っていきましたよね。雰囲気も何もかも。やっぱりチームが打てないというのは、どうしても負担になるし、明るい材料が無くなってきますよね。ここで逆転という場面で打ってくれたらいいですけど、そういう打者もいなかったし。ツラかったでしょうね。

 

アナ じゃあ、明るい話を是非してやろうという方。ガンちゃん。

 

岩本 阪神、そしてオリックスの2チームは解説者の予想からするとギャンブルなんですよ。

 

アナ はい。

 

岩本 僕はギャンブルに勝ったと思ってます!

 

アナ ほー。

 

岩本 阪神1位予想で結果が最下位ですよね。おかげで岩本は大阪に行って、何故最下位なったのか喋れと仕事が倍増しました。

 

一同 (笑)

 

 

岩本 私はギャンブルに当たりました。

 

江本 いいなあ。その手でいくわ俺も。

 

一同 (大爆笑)

 

江本 俺も優勝予想したけど、最下位でも仕事が全然来ないよ。だから信用それてないんだ(笑)

 

アナ 関テレの仕事がちょっと増えたでしょ。

 

江本 関テレは多少増えました(笑)

 

アナ 苫篠さん、阪神の明るい材料をお願いします。

 

苫篠 やっぱり西の加入があって、中日からはガルシア。先発ピッチャーが揃っているようで、やっぱりメッセンジャーは別として、能見もリリーフになって、秋山も離脱して、なんか揃ってないのが2人補強できましたからね。まあ、最下位になったんだから、来年はまた思い切ったこともできるし、矢野監督は2軍で足も使ったり、いい野球をしていましたから楽しみです。

 

江本 明るい材料は今年最下位だから、来年は上に行くしかない。最下位より下はないんだから。こんな明るい話はない。

 

アナ デーブさん、明るい話題をお願いします。

 

大久保 明るい話はないですね。まず練習量が足りないですよね。選手らとなんとなく握手しているようでガッとやるけど、タコだらけの人もほとんどいないし、練習してねえなっていう。

 

アナ そういうところを見るんですね。

 

大久保 えぇ。結局は練習の習慣がないから。キャンプ行ったってなんかスター軍団の集まりみたいな雰囲気がありますからね。お前ら何位だと思ってんだ毎年というのを感じるんで。結局は練習を習慣付けたら当たり前になるのにその練習量をやらす人がいないということですよ。

 

アナ なるほど。田尾さん、矢野監督はきっとやらせますよね?

 

田尾 矢野監督はそのあたりは厳しいけど、そこを取り巻くコーチ陣が不安だなという気がします。

 

アナ 何か阪神の明るい話題がある人いますか?

 

江本 あのね、井の中の蛙だから。ここは球団ごと。もうちょっと広い考えをしないと。

 

アナ 狭すぎる?

 

江本 狭い。だって金本の殿堂入りのパーティーも受付が7人しかいないんだもん。普通は800人も900人も呼んでんだからダーっとないと。30分も立たせてるんだから。

 

アナ 全然明るい話がないじゃないですか(笑)

 

 

以上です。

井の中の蛙軍団はその通りでしょう。

おすすめの記事