2019620日の阪神タイガースvs.東北楽天ゴールデンイーグルスの8回裏に起こった出来事について試合の生解説をしていた人たちの見解です。

 



シーン

8回裏、阪神が1点ビハインド

無死1-3

バッター近本が打った打球は高く跳ねたサードゴロ。この打球で3塁ランナーの木浪はスタートを切らなかった。矢野監督はベンチで呆れた表情を見せ、懲罰交代で代走を送る事となった。

 

 

スカイAで解説をしていた野口寿浩の見解

野口 これは走塁ミスじゃないですか。色んな事を想定しておいて「こういう打球がきたらこう、こういう打球がきたらこう」と。例えば「ゴロストップで抜けてからでいいよ」と言われていても高くバウンドするのは反応でスタートを切らないとダメですね。

 

アナ ギャンブルスタートであるとか、ゴロゴーであるとか、色々と決め事があって、基本的にそれに従うんですが、そういう指示があってもあれだけ高く打球が跳ねたらホームに突入するべきだと。

 

野口 あの打球でしたら、その指示は無視とか度外視とかではなく、行かなければいけない。反応でスタートを切れるようにしておかなければいけない打球ですよね。

 

アナ なるほど。ですから、前もって約束事はあるんですけど、それを基本にしながらも、その場で判断して走塁するべきだと。

 

野口 そういうことです。

 

 

ABCラジオで解説して中西清起の見解

アナ 矢野監督のリアクションを見ているとどういうことを求めていたんでしょうか?

 

中西 まあノーアウトですからゴロゴーのサインは出していないと思うんですよ。ただ、打球で3塁ランナーが判断してホームに行ってほしいところですよね。

 

アナ かなり高いバウンドになりましたから、帰って来てくれよと。

 

中西 はい。3塁ランナーと3塁コーチでいけるという判断をしないといけないところですよね。ただサインが出ていなくてもあれだけ高く弾んだゴロだとランナーとコーチャーの判断ですから。

 

 

その他の生解説をしていた人の見解

サンテレビで解説をしていた掛布雅之と中田良弘もなぜホームに突入しないのかと疑問を呈していました。ちなみにMBSラジオで解説をしていた藪恵一はこの走塁について何も言及せずでした。

 

こちらではデーブが擁護しています

 

以上です。

おすすめの記事