2018年7月5日に読売テレビで放送された「朝生ワイド す・またん」で好調の阪神タイガースの陽川尚将について元阪神の川藤幸三が褒め称えています。読売テレビのアナウンサー森たけしと虎谷温子と尾山憲一(以下アナ)と共に語っております。

 



【7/4までの陽川の打撃成績】

打率354 本塁打3 打点23

 

 

川藤 わしが嬉しいのはね、この男の顔が、ようやく阪神顔が出て来たなと。

 

森 あー。

 

アナ 第103代4番に座りました陽川さんですけどね。

 

川藤 タイガースの4番と言うたら、まあ、みんなも知っている通り、掛布のジャガイモ顔があったやろ?

 

森 フフ(笑) 田淵さんはまあまあ男前みたいな。

 

川藤 まあ、阪神の4番と言うたら、どっちかと言えば、今風の顔じゃない。

 

森 まあ、確かにね。

 

虎谷 え?顔つきとか表情じゃなくて、本当の顔の作りの話なんですね。

 

川藤 それを言うとるんやで。

 

虎谷 あっ、そうなんですか。

 

森 もともとです。

 

アナ どこが良くなりましたか?

 

川藤 あのね、落ち着きが出てきたことと1軍の打席というものに慣れが出てきた。

 

森 そうなんです。この人は2軍ではパカパカ打つのに何で1軍では打てないんだろうと言われていてねぇ。

 

アナ そう。鳴尾浜のゴジラを呼ばれていてねぇ。

 

川藤 それはカウント1ストライク、2ストライクで勝負球になるやん。この3つのストライクを生かせるようになったんや。

 

森 おぉぉ。

 

川藤 今まで1ストライク目でボール球を振ってしまう。そうすると次にまたボールを投げてくる。

 

森 うん。

 

川藤 もう打ちたい打ちたいで追い掛けてしまう。

 

森 追い込まれても対応できるようになってきたと。

 

川藤 今までは簡単に追い込めて最後もボールでも振ってくるやろうなとピッチャーは攻めてきた。簡単に追い込まれずに待てるようになった。

 

森 なるほど。大きいですね。

 

アナ さあ、陽川さんは第103代の4番ですがご覧のようにね。

 

【阪神の歴代4番打者】

選手名初4番試合数
松本謙治郎1936年55
3藤村富美男1936年1069
43田淵幸一1970年812
52掛布雅之1977年800
57
89金本知憲2003年921
103陽川尚将2018年3

 

アナ あれ?何か57代のところが空白ですけど。この方です!

 

川藤 やめろっちゅーねん!

 

【57代4番が下記のように表示される】

川藤幸三 1980年 1試合

 

 

森 えぇぇ!? 川藤さん4番に入ったことあるんですか。

 

アナ そうなんですよ。

 

川藤 この番組は一体、何の番組や!

 

アナ 1980年10月5日のヤクルト戦のダブルヘッダーの第2戦。

 

森 この時の監督さんは誰ですか?

 

川藤 知らん。

 

森 知らんて(笑)

 

川藤 だって、こんなもん1試合なんてどうでもええ話やないかい。

 

アナ 成績の詳細はちょっと分からないのですがすいません。

 

川藤 ただ、わしが言いたいのは陽川がこれからロサリオがどうなろうと、福留や糸井がどうなろうと、関係なく、それぐらい陽川をどんどん追い込んでいったらいい。

 

森 まあ、巨人も岡本さんを使っていますからねぇ。

 

川藤 これからの選手やないか。

 

 

以上です。

川藤は今度こそ生え抜き4番が出て来たと喜んでいる感じがあります。陽川の好調が続くのか阪神ファンは注目です。

おすすめの記事