2014年にフジテレビの「すぽると」で放送された100人が選んだナンバーワン バットコントロール部門を紹介します。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



バットコントロール部門 第3

菊池涼介 どこ投げようかなって迷うと思いますピッチャーだったら。

 

坂本勇人 追い込まれてからも強いスイングでヒットにしますし。凄いなと思います。山田哲人。

 

三浦大輔 スワローズの山田君ですかね。

 

3位は2014年シーズン、日本人右打者の新記録となる193安打。プロ4年目で初の最多安打のタイトルを手にしたヤクルトの山田哲人(9票)。先月行われた日米野球で初めて選出されるなど大きな飛躍を遂げた1年となった。

 

 

バットコントロール部門 第2

内川聖一 彼の場合、右手1本でバットを操作したりだとか。

 

角中勝也 芯に当てる可能性が1番高いバッターかなと思います。

 

中村剛也 当てるのが上手いというかヒットゾーンに打つのが上手いんじゃないかなと僕は思います。楽天の銀次。

 

2位は楽天の銀次(10票)。自身最高の打率.327。リーグ2位の成績を残し広角に打ち分ける安打製造機としてチームに欠かせない存在になっています。

 

藤田一也 インコースの厳しいところも体勢を崩しながらレフト前にヒットにしたりっていうのが今年は特にそれを感じるので。

 

嶋基弘 スピードボールにも対応できますし、緩い変化球にも対応できるんで、ベンチから見ていても何かやってくれそうだなっていう雰囲気はいつもあるんで。頼りになるバッターだなと思います。

 

 

残すは1位。その前に。

 

【ここで過去2年間の梵英心のコメントが映される】

2012梵英心 マエケン。練習もしてないのに追い込まれてチョンチョンとファールにするじゃないですか。

 

2013梵英心 シャレ抜きで前田健太。バッターとしては悔しい反面、羨ましいなと思います。

 

そして広島・梵が今年も選んだのはもちろん・・・

 

梵英心 僕は多分ずっと変わらないですね。改めて今年感じました。マエケンです。

 

3年連続で梵の1票を獲得したのが広島・前田健太。2014年シーズン、セリーグの投手の中で最多タイの9安打。もし、前田が投手ではなく野手だったら・・・

 

梵英心 多分、打者だったら凄くいい選手になっていただろうし野球センスの塊というか。(自分が)負けていると思います。

 

 

そして、その前田が選んだのは。

 

前田健太 2人言っていいですか?ここはちょっと2人。内川さんと長谷川さん。1番いいバッターだと思っているので僕は2人。右の内川さん、左の長谷川さんっていう感じで。2人でお願いします(笑)

 

実はこの2人、2013年のバットコントロール部門25票で同率の1位。仲良く表彰を受けていました。

 

 

バットコントロール部門 第1

柳田悠岐 どの球でもバットに当てられる感じに見えるんで。

 

岸孝之 どこに投げても打たれそうな気もしますし。

 

成瀬善久 やっぱ投げている側からしたら勝負所で敬遠したくなる気持ちもありますし。

 

筒香嘉智 どんな球でもヒットにできるような気がします。

 

西川遥輝 僕には真似のできない技術なのかなと思って。

 

伊藤光 アウトのなり方も凄くいいアウトのなり方をしていると思うのでバットコントロールは内川さんが1番だと思います。

 

2013年に続き堂々の1位はソフトバンク・内川聖一(33票)。2014年まで7年連続打率3割。誰もが認める球界のヒットメーカー。そんな内川に沢村賞投手もお手上げの様子。

 

金子千尋 対戦打率も悪いってこともあるんですけど。タイミングをずらしても、しっかり芯で当てられるっていうイメージがあるんで、上手いなと思いますね。

 

実は2014年の対戦打率.435と内川が最も得意としたピッチャーが金子千尋。これからも日本を背負う投打の柱。2015年の対決も目が離せない。

 

 

1位の内川のコメント

内川聖一 やってる選手から評価してもらえる賞なので嬉しいですね。まあ、バットに当てれば何とかなるという思いでやってますので、それが評価してもらえたのかなと思いますね。

 

バットコントロール部門 ランキング2014

選手票数
1位内川聖一33
2位銀次10
3位山田哲人9
番外前田健太1
番外長谷川勇也

 

その他の100人が選ぶナンバーワン

 

以上です。

内川はずっと巧打者です。

おすすめの記事