2020621日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日の開幕3戦目であるvs.千葉ロッテマリーンズ戦で初登板でいきなり満塁ホームランを浴びてしまった福岡ソフトバンクホークスの津森宥紀について元日ハムの岩本勉と元阪神ダイエーの池田親興が語っています。

 



この日の津森
ソフトバンクの先発二保が2回表に満塁のピンチとなる危険球で退場。そこで緊急でプロ初登板となる津森宥紀が投げることに。いきなり満塁でのバッターがロッテ井上晴哉で満塁ホームランを浴びてしまう。ルーキーが初登板の最初の打者に対して満塁ホームランを浴びるのはプロ野球界で初の出来事となった。

 

 

津森の投球を岩本と池田が語る

津森の投球内容
3回0/3 61球 被安打3 奪三振4 四球1 失点1

 

岩本 津森が初登板で苦い思いを思いしましたけども、このあたりはどうでしょう。今後についての期待度っていうのはどう思われてますか?

 

池田 昨日(6/19)と一昨日(6/20)で 登板しなかったのが津森ともう一人いたんですかね。ほとんどのピッチャーが投げていたんで。

 

岩本 はい。

 

池田 それで緊急登板でブルペンでほとんどピッチング練習できてないんですよ。

 

岩本 だと思いますね。

 

池田 だから監督も登板後に声を掛けてましたよね。「結果を気にするな、気持ち良くいけ」というぐらいの話だと思うんですけど、やっぱり出てきてすぐにホームランバッターで、そこで井上に中々簡単に投げれない状況で。彼にとってもプロ初登板で、ノーアウト満塁っていう、本当に気持ちを考えると、しんどかっただろうなと。

 

岩本 はい()

 

池田 ただ、その後も一生懸命投げて三振も取っていたので、この苦しさを次に生かしてほしいなという彼の初登板でしたね。

 

岩本 逆にあの場面で彼の名前が挙がるということは、チームからスゴく期待されてるピッチャーだと言えますよね?

 

池田 練習試合でもいいピッチングをしてましたんで、そこでもう任せたよということで結果が悪くてもこれはしょうがないと。特にルーキーですし、自分がルーキー時代の初登板を思い出しましたけどね。僕も似たようなもんだったので。

 

岩本 そうですか()

 

池田 だからもっと大変だなとは思いましたけどね。

 

岩本 次回の登板にも期待ですね。

 

 

以上です。

こういう事もあります。
おすすめの記事