2020728日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で3発のホームランを放った千葉ロッテマリーンズの井上晴哉について楽天で監督をしていた田尾安志、元南海阪神の江本孟紀、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



井上のヒーローインタビューの一部

井上 勝利までに4時間半かかりましたけど、しっかり今日勝てましたので、また明日から頑張ります。よろしくお願いします。

 

 

井上を語る

この日の井上の打撃内容
1打席目 ライトホームラン(打点2)
2打席目 ライトホームラン(打点1)
3打席目 フォアボール
4打席目 空振り三振
5打席目 レフトホームラン(打点2)
シーズン打率.270(7/28の試合終了時点)

 

アナ ロッテが楽天との大乱戦を制しました。

 

大久保 井上は人間性も素晴らしい。田尾さん、このホームラン3本というのは全部見事でしたよね。

 

田尾 フルスイングばっかりで、こんなスイングしてみたいなっていうものばかりですよね。

 

大久保 ライトに引っ張ったような当たりですしね。

 

田尾 うん。ライトに思い切り打つ人って軸足がしっかりと利いてますよ。

 

大久保 なるほど。

 

田尾 前に乗り過ぎないように振ってますよね。

 

大久保 うんうん。江本さん、この試合どうですか?

 

江本 あのね、千葉も神宮も今年は花火大会が中止になったから、みんなファンサービスに花火を打ち上げてんじゃないですか?

 

大久保 なるほど。

 

江本 そんなに喜ばせんでもええと思うけどなあ() まあ、しかし今日は雨が降ってて千葉も神宮もピッチャーが気の毒だね。

 

大久保 そうでしたよね。テレビで見るよりもかなり降ってましたからね。

 

江本 うん。

 

アナ ただ江本さん、この1試合3ホーマーというのはロッテの日本人選手では初芝さん以来、30年ぶりの記録です。

 

 

ロッテの1試合3HR
2013年のホワイトセル以来、日本人では1990年の初芝以来30年ぶり

 

江本 そうですか。スゴいね。

 

大久保 今日の試合は両チームともどっちも諦めずに素晴らしい試合でしたね。

 

 

以上です。

豪快なホームラン。
おすすめの記事