20191017日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



楽天のドラフト指名選手
1位 小深田大翔 内野手 大阪ガス
2位 黒川史陽  内野手 智辯和歌山
3位 津留崎大成 投手  慶応大学
4位 武藤敦貴  内・外 都城東高校
5位 福森耀真  投手  九州産業大学
6位 瀧中瞭太  投手  Honda鈴鹿
7位 水上桂   捕手  明石商業高校

育成ドラフト
1位 江川侑人  捕手  大分高校
2位 小峯新陸  投手  鹿児島城西高校
3位 山崎真彰  内野手 ハワイ大学
4位 澤野聖悠  内野手 誉高校

 

アナ 楽天です。楽天は佐々木朗希を外して、外れ1位を大阪ガスの小深田でスタートしていったドラフトでした。西尾さん、これはどうですか?

 

西尾 そうですね。これはちょっとビックリしましたね。

 

アナ はい。

 

西尾 まさか1位でというね。内野手2人ですよね。あとはリリーフタイプのピッチャーを獲って、キャッチャーを獲るだろうなというのがあったんで分かるんですけど、もう少しピッチャー中心で来るのかなと思っていたんで1位には驚きましたね。

 

アナ 思いのほか早い段階で黒川も2位で指名したという楽天ですね。

 

西尾 そうですね。評価が高かったですね。

 

アナ 小関さんはどうでしょう?

 

小関 うーん。かなり予想をしなかったものですね。

 

アナ はい。

 

小関 まあ二遊間が欲しかったんだろうなという感じがしますね。でも浅村がいて、藤田がかなりのベテランになってきましたけども、茂木がいてそんなに必要とするのかなと思いますよね。

 

ここで育成3位のハワイ大学の山崎選手についてのスカウトのコメントが紹介される

 

スカウトコメント
後関スカウト コンタクト能力が高くてシュアなバッティングが魅力。3拍子揃ったバランスのいいショート。内野はどこでも守れるユーティリティ。

 

アナ という東北楽天ゴールデンイーグルスでした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

評価としては歯切れの悪い感じがしました。
おすすめの記事