2021年11月7日vs.読売ジャイアンツ@甲子園・CSシリーズ1st 第2戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 青柳―伊藤―アルカンタラ―岩崎―スアレス

巨人 高橋高木―戸郷―高梨―鍵谷―中川―ビエイラ

 

阪神は2回裏に佐藤と中野のタイムリーで2点先制。直後の3回表に青柳が捕まり、丸にタイムリーなどを打たれ3失点で逆転される。ここからスコアはしばらく動かず、8回表にウィーラーの犠牲フライで巨人が1点追加し2点差に広げる。試合はこれで決まり。阪神は2-4で敗戦。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―今シーズンを振り返って

矢野 全体のチーム力は上がってると思うし、そこにルーキーが加わって競争が生まれた。特に走り切るというのはどこにも負けていないと思うし、盗塁数もトップだった。でも、勝ち切れない部分は競ったところでのピッチャーのレベルを上げていく必要があるし、今日もミスが出て点を取られてしまっている。数が減ったからどうだっていう事ではないだけど、ここは改善が必要だ。

 

(続けて)

 

矢野 いつも一生懸命に選手はやってくれたんだけど、優勝できなかった。チームとしての基礎は出来上がってきたと思う。上積み、レベルアップできる。また前向きに捉えて取り組んでいきたい。

 

 

以上です。

今シーズンは今日で終わり。
おすすめの記事