2018年5月27日にNHK総合で放送された「サンデースポーツ」でこの日の西武vs.日ハム戦の延長戦で埼玉西武ライオンズの浅村栄人がゲッツー狙いのプレーで2塁でボールを受けて1塁に転送しました。そこでセカンドベースを踏んでいないのではないかと日ハムベンチにリクエスト要求されて踏んでいないと判定されてランナーはセーフ判定となりました。この事について西武やロッテで監督をしていた伊東勤がNHKアナウンサーの大越健介と副島萌生(以下アナ)と共に語っています。

 



アナ 10回表のあのリクエストの場面であそこで勝敗が分かれたという感じでしょうか。

 

伊東 そうですね。大きなプレーになりましたよね。延長戦に入っていただけに1点勝負のゲームなんですよね。それで、願わくばダブルプレーという当たりだっただけにね。

 

アナ はい。

 

伊東 でも、確実にダブルプレーが取れなかったとしても、守る側からしたら1つアウトを取って2アウト1塁という形になるはずだったんですよ。特にピッチャーの増田もね『これで2アウト取れたな』という気持ちになったと思うんですよね。

 

大越 ダメージが大きいですよね。

 

伊東 はい。そこで、日本ハムのベンチが浅村のダブルプレーのプレーに対して、セカンドのベースタッチですよね。

 

大越 はい。

 

伊東 これが、多分ね、事前にこういうプレーがあるんじゃないかと予測していたんじゃないですかね。

 

大越 えぇ?そこまで?

 

伊東 そこまで長い事ゲームをやっている間にちょっとタイミングが早いなというのをみんなが見ていたと思うんですよね。

 

アナ えぇぇ。

 

伊東 だから、この辺も日本ハムの好調というか、1つのボールに対してベンチの全員も追っかけている証拠だと思うんですね。

 

大越 ベンチワークの勝利ですか。

 

伊東 だと思いますね。

 

大越 そして、1アウト1-2塁になった事によって次はワンヒットで1点ですから。

 

伊東 はい。当然、外野の守備が前進守備になりますよね。1点もやれないという守備隊形になりますよね。

 

大越 そうですね。はい。そこで近藤選手の打席となるわけですよね。

 

【近藤がセンターオーバーの長打を打つ映像が流れる】

伊東 やっぱりこれだけ前進していますんで。

 

大越 野球にたらればはありませんけど、普通のポジションだったら、2アウト1塁のポジションだったら。

 

伊東 それだと逆に長打を防ぐポジショニングを敷きますんでフェンスぎりぎりに守りますから、今のは楽にフライで捕れている当たりだと思いますね。

 

大越 だから、本当に勝利を分けるベンチのプレーだったと。

 

伊東 いやぁ、大きなリクエストになりましたよね。

 

 

以上です。

勝手な推測ですけど、伊東はこの浅村の癖をロッテの監督時代から知っていそうな感じがしますね。とにかく浅村のプレーは痛すぎました。

こっちでは違うメンバーが語っています。

おすすめの記事