2021年9月29日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦との首位攻防 第2ラウンドでプロ初勝利を飾った山崎颯一郎のピッチングについて元南海阪神の江本孟紀、横浜で監督をしていた大矢明彦、ヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



山崎のヒーローインタビューの一部

初勝利の気分は?

山崎 嬉しいです。でもまだ1勝なので、これからもっと勝てるように頑張っていきます。

 

ウイニングボールはどうする?

山崎 家族に贈ろうと思います。

 

 

山崎を語る

この日の山崎の投球内容
5回2/3 103球 被安打4 奪三振5 四死球4 失点2
今季7試合1勝2敗 防御率4.60(9/29の試合終了時点)
プロ初勝利!!

 

アナ オリックスが天王山第2ラウンドも勝利し、今日もロッテのマジック点灯を阻止しました。大矢さん、この試合のポイントをお願いします。

 

大矢 ヒーローインタビューにも出てましたけど山崎投手ですね。

 

真中 はい。

 

大矢 若いピッチャーなので粗削りなところは確かにあるんですよね。まだ真っ直ぐで押し込めるようなことはないんですけど、ゲームでこうやって投げていって、自分はどういうカウントでどういう球種を投げていったら相手のバッターを上回れるかというのを少しずつ覚えていくと思うんです。

 

真中 うんうん。

 

大矢 こうやってオリックスの若手のピッチャーが育っていくんだなっていう、そういう目で見させてくれるような、スゴく若者らしい姿をした。いい面もあったし、もう少しこうしたらいいのになっていうところもあるんだけど、スゴく楽しみなピッチャーですね。

 

真中 なるほど。江本さん、スゴくいい時期に山崎が出てきましたね。

 

江本 ある種、本格派の右のピッチャーで魅力あるんじゃないですか。投げ方的にはちょっとシュート回転しやすいピッチャーじゃないかなと思うね。だからその辺を気を付けてね。カーブなんかは角度があっていいじゃないですか。

 

真中 初勝利ですからね。おめでとうございます。

 

 

以上です。

まだまだ優勝いけます。
おすすめの記事