2021年4月16日vs東京ヤクルトスワローズ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 藤浪―小林―岩貞―岩崎―スアレス

ヤク 石川今野―坂本―梅野

 

阪神先発の藤浪は荒れ球が多いながらも5回まで抑える。5回裏にその藤浪が2ランを放ち先制する。しかし6回途中に藤浪の荒れ球が限界を超えてピンチ作り降板。そこを引き継いだ小林が何とか抑えて事なきを得る。阪神はこの後も鉄壁のリリーフ陣で逃げ切り2-0で勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

6回途中無失点の藤浪の交代時期について

矢野 代える事への迷いはなかった。晋太郎自身も投げ切りたかっただろうけど、また次に課題を持って取り組んでもらいたい。まだまだ成長できるピッチャーなんでね。

 

好リリーフの小林について

矢野 1つ目のアウトを取れた事が大きい。いきなり行ってベストボールを投げれるのが素晴らしい。こうして信頼を勝ち取っていってもらうと、チームとしての勝ち方のバリエーションが増えるね。

 

得点シーンについて

矢野 ホームランの前の梅野の盗塁が効いた。ホームランという結果にはビックリなんだけど、しっかりと次の塁を狙っていくという、俺たちの野球をやったからこそあのホームランに繋がったんじゃないか。

 

 

以上です。

藤浪の怪投で勝利。
おすすめの記事