2020年10月25日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で先発し、2ヵ月以上ぶりの2勝目を飾った福岡ソフトバンクホークスの大竹耕太郎のピッチングについて元近鉄西武の金村義明と元日ハムの岩本勉がフジアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



大竹のヒーローインタビューの一部

大竹 誰よりも悔しいという気持ちを持って、日々練習に取り組んできた自信があるので、その気持ちをしっかりとぶつけられました。今日は真っ直ぐを自信を持って投げられたので、やはり真っ直ぐがあっての変化球なので、ストレートの質にはこだわって投げました。来週以降もチャンスがあればしっかりと貢献したいと思います。

 

 

大竹を語る

この日の大竹の投球内容
5回67球 被安打3 奪三振2 四球0 失点1(自責1)
今季2勝0敗 防御率2.30(10/25の試合終了時点)
8月13日以来の2勝目!

 

アナ 昨日(10/24)は連勝が止まったソフトバンクですが、今日は快勝でした。金村さん、この試合の熱視線はどちらになりますか?

 

金村 もう序盤の1回2回で勝負が決まりましたからね。改めてソフトバンクは強いなあという。そして先発の大竹です。

 

アナ はい。

 

金村 久しぶりの1軍登板ですよね。ファームでは実績を残してるんですけど、贅沢な悩みなんですけど、1軍の投手陣の中に入っていくところがなかなかなくてですね(笑)

 

岩本 あぁ、はい。

 

金村 ようやく出番が巡って来たというところで落ち着いたピッチングをしてましたよね。今日は5回で降板したんですけど、まだまだ投げられてましたし。

 

岩本 うーん。

 

金村 明日が月曜日で試合がないんで休みで、恐らく明後日からのロッテを叩くぞというところなんでしょうけども。まあ、投げてないピッチャーを投げさせたりしながら余裕の投手継投でしたよね。

 

岩本 はい。

 

金村 この大竹も久しぶりで勝ちで嬉しいでしょうね。

 

 

以上です。

いいピッチャーだと思うんですがローテーションで見たいピッチャーですね。
おすすめの記事