2018年6月12日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.巨人戦で2失策とらしくない福岡ソフトバンクホークスの守備陣について横浜で監督をしていた大矢明彦、元横浜の高木豊、元横浜の斉藤明雄がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 巨人が3回までに6点を取るという。

 

高木 ねぇ。ちょっとエラー絡みで畳み掛けるように点を取りましたけども。

 

アナ そうでしたね。

 

高木 まあ、一方のソフトバンクですよね。

 

アナ はい。

 

高木 明雄さん、2つのエラーで足を引っ張られたと言っても、武田クラスのピッチャーだったら3回までに6失点というのもちょっと厳しいですね。。

 

斎藤 ちょっと計算外ですね。2回表でも2アウトまできたんですから、絶対に抑えてやるという気持ちでいかないとダメだと思いますよね。

 

高木 そうですよね。大矢さん、僕が気になるのは、怪我人とか投手が打たれるとか打てないというのはしょうがないと思うんですよ。

 

大矢 しょうがないね。

 

高木 ただ、ソフトバンクのエラーというのが今年多いんですよね。

 

【58試合終了時点のチーム失策数】

2017年 17

2018年 26

 

 

大矢 うん。それは使う選手も色々と使っている。そして、使っている人たちが働いていないんだよね。

 

高木 そうですね。

 

大矢 だから、意外とゲーム自体が脆いなという感じが今年はある。

 

高木 そうなんですよ。だから、その原因が守備力。僕は守備力で勝ちを重ねてきたりだとか、優勝を手にした年があったりだとかたくさんあったと思うんですけど、今年は怪我人が多いのは分かるんだけど、守備が崩壊するとちょっと危ないかなと。大矢さんはそのへんをどう思います?

 

大矢 今まで隠れていたものが今年は見えているなと思ってる。

 

高木 なるほどねぇ。やっぱり守備というのはスゴく大切で一番計算できるところだけにここら辺から崩れていくとリズムが悪くなっていきます。

 

 

以上です。

王者ソフトバンクも新しいサイクルに入る時期に来ているのかもしれませんね。守備がバタつくとピッチャーが大変になってきます。

おすすめの記事