2019530vs読売ジャイアンツ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は高橋遥人、巨人の先発はヤングマン。阪神は初回に1番近本が内野安打、2番糸原四球、4番大山がホームランで3点先制。巨人もすぐさま反撃で5番の大城の2ランで1点差とする。5回裏には糸井の3塁打から大山のタイムリーで2点差とする。7回裏には近本3塁打、糸原の犠牲フライで1点追加し3点差。阪神の高橋は7回まで投げて2失点、その後は8回ジョンソン、9回ドリスで締めて5-2で阪神の勝利。ABCラジオ、MBSラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―前日のサヨナラ勝ちが繋がっているような先制HR

矢野 悠輔がいいところでね。風にも乗った効果的なホームランでした。

 

―大山は5回にタイムリー

矢野 なかなか次の点が取れてない、しかも追い上げられているところだったので本当にいいところで4番の働きをしてくれました。

 

4番らしくなってきたか

矢野 そうですね。もちろん結果がそこには付いてきているんですけど、凡打の時もしっかりと走ったり、フライでも走る姿を見せてくれているんでね。そういうところも含めて4番らしくなってきていると思います。

 

―先発の高橋遥人が今季初勝利

矢野 もともと勝てるようなピッチングもあったんですけどね。今日は最後にもう1イニング頑張ってくれたんでね。遥人にも勝ちが一つ付きましたし、本当に能力が高いピッチャーなんでね。ここからもしっかりと頑張ってくれると期待が持てるピッチングでした。

 

7回に近本が粘ってから3塁打から得点

矢野 近本に関しては3塁打を打てる確率はある程度あると思うんですけど、効果的にすぐに1点取れたんでね。近本の足で取れた1点だったと思います。

 

―令和になった巨人に4戦4勝

矢野 平成ではたっぷりやられたんでね。まだまだ借りがあるんでしっかりやり返していきたいと思います。

 

―明日から首位広島との戦い

矢野 僕もそうなんですけど、選手たちは思い切り楽しんで、苦しい時こそ楽しんで、苦しい時こそベンチで声を出して、みんなで頑張っていきます。

 

勝利監督インタビューは以上

 

 

その後の矢野監督のコメント

―改めて高橋遥人について

矢野 もちろん全体として良かったというのもあるし、ボールはもともと強かったんで、いいピッチングをしてくれるという期待は前からあった。2点取った後も崩れなかった。球数が増えてしまっても、もう1イニングプラスで7回をいけた。プラス効果が見れたのは非常に大きな収穫。

 

―大山について

矢野 開幕直後は4番で固定し続けることは大丈夫なのかなと心配したけれども、それを何とか自分自身でクリアして徐々に4番らしくなってきている。阪神の4番と言えば大山だというのもをこれから活躍して手に入れていってほしい。

 

 

福原投手コーチの試合後のコメント

福原 高橋は2回に2ランを打たれてから3人をキッチリ抑えたのが良かった。

 

 

以上です。

快勝でした。
おすすめの記事