2019529日にMBSテレビで放送された『戦え!スポーツ内閣』で落合博満が2019年序盤のセ・リーグについて、広島カープ、阪神タイガース、読売ジャイアンツ、東京ヤクルトスワローズについて元阪神の狩野恵輔、番組MCのブラマヨ小杉と武井壮と共に語っています。

 



この日(5/29)の番組は生放送。この日にあった試合では阪神が巨人にサヨナラ満塁ホームランで勝利、広島はヤクルトに勝利。ヤクルトは13連敗となりました。1位広島、2位阪神、3位巨人、5位ヤクルトという状況。ちなみにDeNAと中日については言及なしです。

 

阪神、巨人、広島の現状

この直前に阪神の中継ぎが良いという話があってから落合が色々と語り始めます。

 

落合 阪神が勝とうと思ったらピッチャーですよ。

 

武井 やはり。

 

落合 あそこは打線なんかを当てにしたらダメですよ。そこはジャイアンツとは違う。

 

武井 なるほど。

 

落合 ジャイアンツはピッチャーが揃ってないだけに、ある程度は点数を取ってやらないといけない。(※巨人の話題はこれだけです)

 

小杉 そうですね。

 

落合 それでその投打両方できるのが広島なんだ。

 

武井 おぉぉ。

 

 

今季の広島について

落合 広島は点が取れてるけど、去年とは真逆なの。去年の広島のピッチャーはメチャクチャ悪かった。それを打線がカバーして、その打線の中心にジャイアンツに行った丸がいた。

 

小杉 うんうん。

 

落合 それで丸が抜けたらどうしようかって。それでシーズン前に、今年の広島は大丈夫だろうなって見てたのが、外国人のピッチャーを補強したでしょ。

 

武井 はい。

 

落合 それで今は1軍の外国人野手はファーストのバティスタの一人だけでしょ。

 

武井 はい。

 

落合 その分で外国人ピッチャーが34人いてそれを使い回ししていくことを監督が言ってたよね。それで「あっ、今年の広島は大丈夫だ」と思った。

 

武井 ほぉー。鈴木誠也選手もいいところで打ちますよね。

 

落合 去年、一昨年は故障の影響で出てない時もあったでしょ。

 

武井 はい。

 

落合 去年から一人立ちした大瀬良と4番の鈴木。この二人が投打で活躍しているのが今の順位の表れなんでしょ。

 

 

ヤクルトについて

落合 でもヤクルトはこれで12連敗?

 

武井 13連敗です。

 

落合 俺はそんなに心配することはないと思うんだけどね。

 

武井 あっ、そうですか?

 

落合 ここの打線はイヤだよ。

 

武井 そうですよね。

 

落合 もともとピッチャーは悪いんだから。ところが周りが連敗していることを言うから、みんながそれに引き込まれてちゃってる。だからこういうチーム状況では1-0か乱打戦で勝つしか方法はない。

 

武井 ない。

 

落合 だから1-0で勝てるピッチャーは誰なのかって考えないといけないんでね・・・(俺が思うのは)勝つんだったら乱打戦だと思う。

 

武井 なるほど。

 

ヤクルトの話題はこれで終了です。

 

 

再び広島の話題

武井 でも今年の序盤は広島はダメなんじゃないかという空気が漂ってましたけど。

 

落合 何であんなにみんな心配するの?

 

武井 関係ないですかね?落合さんは序盤から大丈夫だと思ってましたか?

 

落合 だからこのゲームのやり方を監督は変えてないでしょ。

 

武井 はい。

 

落合 それで34月と、5月になってからは打線が点を取れるようになったというよりピッチャーの防御率がどんどん下がっていたから、これは広島はピッチャーの整備をしたというのがあるんで、そんなに心配することはないだろうと。

 

武井 ヤクルトも再びピッチャーが整備されれば、また勝ち始めるということなんですね。

 

 

阪神の話題

落合 だから、必ず優勝するチームには軸になるピッチャーは誰になるんだというのを考えないといけないんです。

 

武井 はい。

 

落合 阪神ではそういうピッチャーは誰になるんだろう?

 

狩野 阪神だと西ですかね。

 

落合 普通に監督として考えると、西とメッセンジャーとガルシアだ。

 

狩野 そうですね。

 

落合 この3人で勝たなくてもいいからイニングを投げてもらわないといけない。それで他に23人でどういうピッチャーが出てくるのか分からないけれども、今は勝ち頭が青柳でしょ?

 

狩野 そうですね。

 

落合 どこまで期待する?

 

小杉 あぁ、そういうことですね。

 

落合 過去にシーズン通してやってないでしょ。

 

武井 通してだとちょっと難しいかもしれない。

 

落合 それでこれから梅雨と交流戦でしょ。

 

武井 うんうん。

 

落合 それで梅雨が明けて、夏場の甲子園で暑くなってくればね。

 

武井 なるほど。

 

落合 それでそこで頑張ったとしても秋口の涼しい時期に体力がドンっと落ちるっていう経験もしていかなきゃいけないんで、今がいいからこの先もずっといいとは言えない。

 

武井 なるほど。

 

落合 だから、逆に今が悪いピッチャーでもこれから先も悪いとは言えないんだよ。

 

狩野 でも2軍には秋山、岩貞、藤浪もいます。

 

落合 彼らがどの時点で出てくるかでしょ。

 

武井 なるほど。

 

落合 リリーフ陣はそれなりに機能しているんでね。あとは先発の数ですよ。

 

武井 やっぱり守り、投手陣という落合さんならではの意見ですね。

 

落合 バッターなんか信用しちゃダメ。

 

小杉 一番凄いバッターの人が言うってのも奥が深いですよね。

 

落合 野球でこんな当てにならないものはない。

 

武井 点を取られなければ負けないというのが落合さんの持論ですもんね。

 

 

以上です。

広島には地力があるという感じで語っていました。
おすすめの記事